2014.08.14 Thursday

最近読んでる本に

0


    最近、読んでる本に書かれていたんだけど、

    森林資源を燃料として大量に消費はじめた産業は、

    1・製錬所

    2・製塩所 だという。

    文明に金属が付きものだとは思ったが、塩もそうだったとは。

    たしかに、塩なしに生きてはおれぬゆえ、

    これを独占する必要があっただろう。

    為政者には。



    --------------------------------------------------------------
    Please click
    ギター工房9notes HPへどうぞ(恵那) homeで「つぶやき」やってます。

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    Shop「スモークド乾燥済みS・ヤイリYTD−18N」販売中



    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 



     
    2014.01.31 Friday

    マインドフルネス

    0

      マインドフルネス


      さーてとーこの御題を書き切れるかな?自信ないけど備忘録がてらに取り組んでみます。



      曹洞宗のお坊さん藤田一照氏と鎌倉一法庵の山下良道氏の対談集「アップデートする仏教」。
      感じたところがあり私なりの感想を記して行きます。


      お二人は60歳前後で私より少し上の世代ですが、時代的には同時代を生きてきたことになります。
      大学後、お二人は結果的にはここでしかありえないという修行の場「安泰寺」に行き着かれたのですが、こんな道場が日本にもあったんですね。ひたすら自分と向き合う特殊な曹洞宗の禅修場「安泰寺」。


      そこに私はすでに感激していました。


      しかしお二人は修行後、アメリカの道場に行かれてさらに磨かれることになります。ヒッピー文化のある米国は、合理主義の権化であるとともにカウンターカルチャーが面々と息づいているところです。


      そこで仏教を真剣に取り組む多くの米国人に英語を使い『禅』を説明することで、日本語のあいまいなニュアンスを取り除いた意味を知るのです。同時に米国に入ってきたテーラワーダ仏教からも学ぶことになります。


      テーラワーダ仏教は日本では小乗仏教と同意ですが、独立した南方系仏教として捉えなおしが日本でも必要です。そこも今回知りました。ティック・ナット・ハン師が有名ですね。



      英語で知る禅の奥義のひとつ。『マインドフルネス』。


      『マインドフルネス』の意味とは。
      「今起きていることに判断を差し挟まずにはっきりと気がついている」。
      もうひとつの意
      「何か行為するときになんのためにこうするのかを忘れないように、」。
      一般的に意は「気づき」ですか。


      それから『シンキングマインド』。
      その意味は「一日中われわれがあれこれ考えていることそのもの」。


      このふたつの言葉がおおいに引っかかって私はこの本を読んでる途中、他の展開を目で追っかけるだけになってしまいました。


      この二人が伝えたいことの重要な部分は「仏教もバージョンアップしなくてはならない」「心の病を治すすべと実践方法を伝えたい」にあると思うのですが・・・


      その実現のためメソッドや他の概念「サティ」とか「慈悲の瞑想」とかが詳しくこの本でトークされています。(山下氏はビルマでさらに修行を続け、藤田氏は米国でさらに学びます。両氏とも帰国後再会し行きついたところが仏教3・0と呼ばれるバージョンアップした仏教です)


      そこをもっと掘り下げるのが本来ですが、私は先に知った言葉『マインドフルネス』と『シンキングマインド』で手がいっぱいになってしまいました。


      何が私に引っかかったかを記すと、この『シンキングマインド』を手放すことの重要性にはじめて「気づ」いたということです。その方策のひとつが禅であり瞑想であるということが解りました。


      思考を自由にあるいは無にすることができず「一日中われわれがあれこれ考えていることそのもの」に悩まされています。だからそこを離れ「そのもの」の手放し「はっきりと立っていながら、境界線がないのを認識できる」状態に持ち込みたい、のが私の願いです。


      そんな思いがあったので本を読みながらも(今も)『シンキングマインド』をシンキングマインドしています。



      ティック・ナット・ハン師は、シンキングマインドは主体と客体を分ける意識だから、これが落ちて初めて主体と客体を超えた非二元の世界=マインドフルネスが成立する、とおしゃっているみたいです。


      禅はそれを手にいれる道で、また瞑想もそうなのでしょう。



      ちょっと支離滅裂な文章でした。時間を掛けて整理してみます。


      ----------------------------------------------------------------

      ギター工房9notes HPへどうぞ(恵那) homeで「つぶやき」やってます。

      ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

      shop「スモークド乾燥済みSquier製Telecaster販売中」




      にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
      にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ


       

      2013.12.15 Sunday

      コリン・ウィルソンの死

      0

        コリン・ウィルソンの死


        ネット経由でコリン・ウィルソン氏の死を知りました。
        彼ほど「死」が似合う人もいない、と言ったら失礼な言い方ですが、率直な言い様です。


        コリン・ウィルソン:英国人思想家・作家


        彼は私にとって「精神世界」の水先案内人であったから、絶えず「死の世界」を意識して彼の著書に接していました。集中して読んでいたのは20代後半から30代前半ですが、書店員時代には彼の本を平積みにして人目につくようにして、その存在を知らしめようと画策したこともあります。


        小説「賢者の石」は、私小説として読んだ記憶がありますが、創作でしょう。「アウトサイダー」や「至高体験」「殺人百科」「ユング」など読んだ記憶があるのですが、細かいところはまったく覚えていないです。


        ただそこからトランスパーソナル心理学に関心を持ったことは覚えています。自己を超越するのに注目した心理学だと思うのですが、私はキリストや仏陀の心理を人間の座表軸の中心に据えて、現在の人間を逆照射した心理学だと捉えたものだった、と記憶していますが正しかったかどうかは不明。


        キリストや仏陀を超越した存在として捉えるのではなく、本来あるべき人間像として考えることによって現代社会に生きる私達の問題を明らかにすることができる、という理論です。


        コリン・ウィルソンがその話を展開していたわけではないのですが、その当時に流行っていた精神世界関係の出版物とのからみで、私の記憶とコリン・ウィルソンの主張が混じって今の私に脳裏に残っています。


        また物理学者フリッチョフ・カプラらのニューエイジ思想とコリン・ウィルソンの世界もかぶっていた気もしています。どこか東洋思想に影響がみられますから。


        ディープ・エコロジーとよばれる「生命中心主義」は、人間がこの世界を勝手に消費する限界を示してくれていますが、それはもともと仏教でも神道でも当たり前に感じていたことなんですね。


        そういう当たり前のことをコリン・ウイルソンらが西洋思想の脈絡の中で解説してくれていたんじゃないかと、彼の死を受けて考えたりしています。



        福島第一原子力発電所メルトダウン事故を犯した東洋人・日本人も、「生命中心主義」を真剣に考えないといけませんよ。それこそが「愛国」に繋がるのだ、と理解できる政治に関わる多くの人たちが気づきますように。


        コリン・ウィルソンを追悼する意味を込めてレッドツェッペリンを聞いています。 

        -------------------------------------------------------------

        ギター工房9notes HPへどうぞ(恵那) homeで「つぶやき」やってます。


        ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

        shop「スモークド乾燥済みSquier製Telecaster販売中」




        にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
        にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ



        2013.08.19 Monday

        仏教

        0
          仏教 19:17
          0


            12月に入って何かと慌しくなって来ました。年末なのでバタバタして来るのですが、政治はそんなことお構い無しに「選挙」をやってくれます。


            当工房は独立の準備期間を入れると、1年ちょっとに入りました。1年でうまくいった事、うまくいかない事がはっきりして来て、工房経営を考えると悩みは尽きません。


            そんな状態ですから、頭をそこから引き離したくて「本」を手に取ります。


            ひさびさに「仏教」関係の本を乱読しています。


            私が一番初めに「仏教」に関心を持ったのは、詩人の山尾三省さんからの影響です。
            「部落」という日本発のヒッピー集団の中心にいた彼が、家族ともにインド巡礼をし帰国後、屋久島に移り住みますが、彼は「詩」と「農」と「仏教」を深めるためその地で生活をはじめました。


            そんな生き方に惹がれ自分でも「仏教」にアプローチしましたが、何から手を付けていいのか解らず次第にフェードアウトしてしまいました。


            私は「確信的無宗教」の父と「キリスト教カトリック」信者の母の元、育ったので家の中に「仏教」がなかった分、「仏教」や「神道」などの宗教に子供の頃から関心が強かったです。(教会の日曜学校に通っていたのですが、キリスト教の教会に行くというだけで、小中学校ではみんなに不思議がられました。それがかえって不思議でした。みんなクリスマスを祝うのに、カトリックとプロテスタントの違いも知らないのです。・・・当たり前ですね。)


            20代には、宗教学者の「中沢新一」や「山折哲雄」の本を愛読していたこともあり、宗教・文化人類学に興味がありました。もし大学に行っていたら「宗教学」をやってみたかった、と今でも思っています。


            さて、今回の読書で知ったことは、「禅」と「荘子」の関係です。


            呉智英氏は、「禅」と「荘子」とほとんど同じものと言います。40代は主に「中国古典」に接近していたので「老子」は読んでいますが、「老荘」思想と理解していて「荘子」はほとんど読んでいませんでした。だから驚いています。「禅」と「荘子」が同じなのか?と。(中国古典と言っても孔子の「論語」に行かず「老子」に行ったのは川口由一氏の影響です。)


            一方、仏教でも「禅」仏教が一番自分に合うと思い始めていたところでした。その「禅」の中でも「道元」に接近すべし、と考えています。そこで「禅」と「荘子」はほとんど同じ、とくればありがたし、私にもチャンスありです。


            そこまでは良かったのですが、「荘子」は「老子」よりも読みにくいですね。本文の例が飛躍しすぎていてピンと来ないのです。もっと腰を落ち着けて取り組まないと読み進めて行けそうもありません。


            また「道元」の「正法眼藏(しょうぼうげんぞう)」は、さらに難解で私にはとても手に負える代物ではないことは、重々感じてはいます。


            感じてはいますが、そこにこそ真理がある気がしてね、その周辺をうろうろしてみるつもりなのです。(今のところは。)


            また仏教は釈迦入滅100年後「小乗あるいは上座部」と「大乗」とに分かれましたが、「悟りの小乗」「救済の大乗」と呼べるとのこと。


            日本には「大乗」仏教が主に渡来しましたが、中国大陸を通って来ることにより、中国古典の考え方が入り込んだ形の「仏教」を知らぬ間に日常に取り入れたことになります。


            宗教は、布教される宿命を背負うものですが、布教先の土着の宗教とミックスされて少しずつ変容されて行くものでもあります。「神道」も「仏教」の渡来により、はじめて「神道」として認識されて行くのですが、インド〜中国〜日本へと渡っても、消えない真実・真理があるのですね。


            そこでそれは何かと思いまして、「縁起」とか「空」とか「唯識」とか本で調べて読むことになるのですが、その行為は、おしなべて眠くなります。


            難解な理で頭を真っ白にして、そのあと深い眠りに着く。
            これが「悩み」多き12月には最適です。

            --------------------------------------------------------------------------

            ギター工房9notesホームページへどうぞ

             
            2013.08.19 Monday

            レインボーマン!

            0
               

                 
                仏教についてあれこれ思っているとき、頭の中で「ダ〜イダラ ボッチの魂やどし〜」と鳴っているので何だろうと考えていました。


                アメソン?


                最初、「バロムワン」だと思って検索して見たのです。どうも違っていました。
                友情のバロメーターが上がって、バロムワンに変身するあのヒーローはB級特撮の戦隊ものでしたね。
                車がかっこよかった、と うろ覚えしている番組でした。


                次に検索して引っかかったのは、「レインボーマン」。むむむ・・あまり覚えていないけど、なんだか怪しい化身が次々に登場してきます。そう言えば観ていた気もする。今見ると忍者赤影にも似ている。


                インパクトがある番組に間違いなさそうです。主人公の名前が「ヤマトタケシ」で古事記の「ヤマトタケルノミコト」のようもあるし、化身のいでたちは「日本神話」風であります。


                それでいながら、インドの聖者「ダイバダッタ」に学び、「あのくたら さんみゃく さんぼだい(阿耨多羅三藐三菩提)」とお経も唱えるという設定。


                因みにダイバダッタですが、お釈迦様のお弟子さんですが、反逆者の烙印を押されてしまいましたね。ただこれはキリストの弟子のユダと比較してこう烙印されたのはないかと私は思っていてます。


                また、化身はレインボーの7変化しますが、陰陽五行の木・火・土・金・水に月と日(太陽)を加えてあります。陰陽五行は古代中国の思想ですので、本来ならインドの思想・五大の地・水・火・風・空に何かを加えていく方が自然でしたね。無理無理一週間の7日(7曜)にしたかったのでしょう。


                レインボーマンと英語名(?)も時代でしょうね。ヒッピー風の感じがします。


                B級特撮につっこみ入れるのも何ですが、これが全国放映される時代とは、平和な時代だったと言えるでしょう。


                それにしてもアニメソングはすごいですね。いくつになっても記憶の片隅に残っているくらいだから。


                ウルトラマンシリーズの円谷プロが50周年だそうで、新聞にもウルトラマンは最近登場しています。こうしたA級の影で「レインボーマン」とか「バロムワン」が短い時間枠でインパクトのある作品を残していったのです。


                「あのくたら さんみゃく さんぼだい(阿耨多羅三藐三菩提)」は「般若心経」ですから、当時の子供たちに仏教を身近にさせることに成功したかも知れません。

                --------------------------------------------------------------------------

                ギターリペア9notesホームページヘどうぞ

                2013.08.19 Monday

                天才バカボンは仏様なのだ。

                0
                   

                   


                  博学な幼友達が、「バカボンは仏教に関連してる。それを赤塚不二男は知っている。」と以前教えてくれたのを思い出しました。


                  「シェー!」と赤塚ギャグを経験した身に、仏教との関連を指摘されても当時あまりピンとこなかったなぁ。


                  調べてみるとバカボンは「bhagavat(バガヴァット・バガヴァーン)」お釈迦様だという。ホント?


                  また、「バガボンド=放浪者」という意味も含まれているらしい。井上雄彦氏の宮本武蔵を主人公にした漫画も「バガボンド」も話題になりましたね。


                  いずれにしても、主人公は、俗界を離れて暮らしています。漫画で漂流し、ストレスをギャグで吹き飛ばしたい俗界の民には、痛快で束の間、現実を忘れさせてくれます。マンガの効用です。


                  バカボンの関連ではバガヴァド・ギーター があります。これはインドの宗教書の一つで、ヒンドゥー教の重要な聖典の一つだそうで「叙事詩『マハーバーラタ』の一部であり、サンスクリットで書かれた詩編である」と資料にあります。


                  バガヴァド・ギーターは岩波文庫になっているので、本屋にも置いてありました。叙事詩ですね。
                  古代から重要な文言は、叙事詩になって伝えられてきました。印刷物がなくても口伝で残っていったのです。


                  吟遊詩人は、各地を回り「叙事詩」を謳い、エンターテイメントとして民を教化していったのでしょう。
                  聖なる者は、漂流者でもあったとも言えますね。


                  古代インド社会では、男子の人生区分で4つの段階を経過する「四住期」というのがありました。
                  人生を学生(がくしょう)・家住(かじゅう)・林住(りんじゅう)・遊行(ゆぎょう)の四期に分けていたというのです。師についてヴェーダを学び、家に住んで家族を養い、出家して林に住み、独りになって旅に出る人生。


                  これが理想となっている社会とは、いかなるものか。現代日本の社会では想像すらできないのではないでしょう。しかし、どこかで共通する何かを感じるゆえ、「天才バカボン」や「バガボンド」が読まれている、とこじつけることもできます。イヤ、ちょっとこじつけか。面白く力ある作品ゆえこれらの漫画は読まれる、と解釈するのが正解ですね。


                  漫画の上の「バカボンのパパ」も「宮本武蔵」も生きる力が強く、ひ弱な現代人にとってアンチテーゼの存在。


                  以上、抹香臭い文章を「これでいいのだ!」と無理やり終了。

                  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  ギターリペア9notesホームページヘどうぞ

                  Calendar
                   123456
                  78910111213
                  14151617181920
                  21222324252627
                  28293031   
                  << July 2019 >>
                  Selected Entries
                  Categories
                  Archives
                  Recommend
                  Links
                  Profile
                  Search this site.
                  Others
                  Mobile
                  qrcode
                  Powered by
                  30days Album
                  無料ブログ作成サービス JUGEM