2018.02.17 Saturday

『人生フルーツ』を観て

0

    最近は観たい映画などなかったのだが、新聞などからこの評判を聞きつけて

    是非観たいと願っていたら、妻が知人からCDーRを借りて来てくれた。

    正月に民放BS放送で放映されたものを録画したものです。

     

    ドキュメンタリー映画『人生フルーツ』

     

    1960年代に名古屋の郊外、春日井市の丘陵地帯に住宅公団が”ニュータウン”を作った。

    東京の多摩ニュータウンとかと同じ発想だが、この設計に関わった主人公が

    この地に土地を購入して、公団で実現できなかった理想を自身で実現した様を

    描いている。

     

    建築家・津端修一さん90歳 その妻英子さん87歳

    この2人の日常を描いていくのだが、ドングリを植えて林を作り、

    落ち葉を畑に蒔いて野菜を収穫し、その野菜で素敵な手料理を披露している。

     

    普通、建築家は都市計画などの図面を引くだけなのだが、津端さんは”高蔵寺ニュータウン”にと留まり

    設計と現実の狭間を自らの行動力で埋めて行った、のが感動的だった。

    また奥様のユーモラスな受け答えと献身的な姿も心を打った。

     

    フィルムの中で津端さんが亡くなってしまうのだが、もう私は涙腺からの洪水で困ってしまったよ。

    (父の死とダブったのだ・・・歳かな・・・)

     

    この映画が評判になること自体とスゴイと思うし、

    共鳴する人が多いという事実は、ものごとの本質を実行・実現するすばらしさを

    みんな欲している、と読むことができるのではと思う。

     

    こういう本質的な生き方をしている人は、もっといるのだ。

    あまり広まらないが、それを願う人が少なからずいる。

    (自然農・川口由一氏もその一人)

     

     

    「人生フルーツ」の題はいいよね。

    この題をプロデューサーがひらめきで思いついたとのことだが、

    高蔵寺から庄内川を挟んだところに、名古屋守山区の「東国山フルーツパーク」があって

    そこの名を知らぬ間に取り入れたんじゃないか、と想像している。

     

    だって、映画に胡桃や栗、柿など出てくるけれど、これって

    「フルーツ」とはあまり言わないでしょ。

     

    *

     

    話は違うが、2020年東京オリンピックのメインスタジアム”新国立競技場”は

    「木に包まれたスタジアム」との触れ込みだが、

    この建築材も得るためにマレーシアのサワラク州の木材を違法に伐採している

    とのニュースを得ている。

     

    http://rief-jp.org/ct12/73629

     

    山を丸裸にして人間のための構造物を作る愚かを

    悟って欲しい。

     

    「人生フルーツ」からそれも読み取れると思う。

     

     

    -------------------------------------------

    please click

     

    9notes ホームページ

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2018.02.09 Friday

    翻訳

    0

      このコラムのアクセス解析を試みたところ

      海外から来訪されているように感じる足跡があった。

       

      ひとつはロシアからのようで、接続は危ないで気をつけるように

      との情報を得ている。(英語表記でない)

       

      もうひとつは英語圏からでサイトを開いてみると、

      なんと自分のコラムが英訳されているではないか!

       

      2013.08.22 に書いた『石岡瑛子さんの死を悼む』という一文が。

      http://blog2.9notes.org/?eid=40

       

      たぶん米国人だと思う。石岡さんは米国で活躍されていたから

      彼女に関しての文献を探して、たまたまウチに来ているんだろう。

       

      翻訳機があるから米国人でも読めるんだ。すごいことだなぁ。

       

       

      女性である表現者が活躍することは好ましい。

      本来は表現者を男女で分けることはオカシイし、その内容を正当に評価すれば

      済むことであるはずだ。

       

      しかしながら現実はそうなっていなくて、

      例えばセクハラ被害者が”#Me Too"とやっと声を上げられるようになって来たに

      すぎない。

       

      そんな中で表現の荒野を開拓した女性に拍手を送りたい気持ちが、

      生まれると思う。

       

       

      石岡瑛子がそうであった。

      また、ジョージア・オキーフがそうであった。

      フリーダ・カーロがそうであった。

      ココ・シャネルがそうであった。

      白洲正子がそうであった。

       

      またオノ・ヨーコはそうである。

       

      ほかにも数え切れないほどのパイオニアがいるに違いない。

       

      そういう女性を支持する声は、世界の垣根を軽々と越える、

      と 翻訳サイトから読んでみた。

       

       

      ----------------------------------

      please click

       

      9notes ホームページ

      ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

      homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

      「栃の耳付き材のテレキャス」販売


      にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

       

       

      -----------------------------------------------

       

      2013.08.22 Thursday Mourning for the death of Mr. Eiko Ishioka

       

       

       Mourning for the death of Mr. Eiko Ishioka 14: 29

       

       

       

      Last night, I watched rebroadcast program "Professional Work Fashion / Ishioka Eiko" aired on NHK.

       

      This was Mr. Ishioka who died at the age of 73 at the age of 71 when he was 71 years old, was a close coverage interview program at the work site when he was in charge of Broadway musical costume design.

       

      I watched TV after a long absence. That's because I was moved by her attitude toward her work so much. It is not hemisphere.

       

      It is rude to say age, but at the age of 71, that feeling, that passion, that power is not. Even though I am moved, I think that I am late, but I am delighted to her existence obediently.

       

      My recognition of her was not knowing about the news of the Academy · Costume Design Award winning, and I did not know it until I saw the program with the designer of Parco's propaganda poster that was influenced in my twenties.

       

      "I can not imitate anyone, it's revolutionary, it's beyond the times."

       

      Her lifetime which did not compromise any detail also makes me feel ashamed as a truly strong woman's nostrils that moved the scene from Japan to the United States and opened up from the beginning.

       

      I will cast from the front to the opponent without bending my argument. Even if it is opposed, change the angle many times and challenge. While respecting each other's presence, we aim to be more perfect. It seems that this attitude hardly penetrates the Japanese field.

       

      In this way, the large Japanese who does not fit in the framework of Japan seeks a way to go abroad. And I actually know that there are a few Japanese people like that.

       

      It is only her talent that can be believed, and of course there is a handicap. That is why I have the power to live, I will open my own way. It will inevitably be required overseas.

       

      There are few people who go through it ...

       

      Soccer players and baseball players looking for a place of activity overseas are the same, but it is said that they are getting food to live everyday by appealing themselves.

       

      To live everyday without hesitation. 

      I would like to thank Ms. Ishioka for reinfusing to me and pray for the souls. 

       

       

      -------------------------------------------

       

       

      2018.02.01 Thursday

      天体観測

      0

         

        昨夜(2018・1・31)の『‪‎Super blue blood moon‬』を観ていました。

        いわゆる『月食』ですね。

         

        『‪‎Super  moon‬』=地球に近い地点 で『‪‎ blood moon‬』=赤味を帯びる現象で

        『‪‎blue moon‬』は大した意味なしの様です。(なんだ青くなるのかと思った)

         

        私にはそんな赤くには見えなかったのですが、こんな現象を観るのは初めてで

        ほんと宇宙は偉大ですね。

         

        太陽から見て地球の反対には『影』ができるので、その影の部分に公転している

        『月』が入ってく来るのでそうなるのでしょ?

         

        その一連の姿が、『陰陽の世界』のドラマのように感じました。

         

        寒さが厳しい夜でした。

         

         

        ---------------------------------

        please click

         

        9notes ホームページ

        ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

        homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

        「栃の耳付き材のテレキャス」販売


        にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        2018.01.27 Saturday

        『軍』

        0

          『9条』と『軍』について考えようとしたが、途中で投げ出した。

          まだ自分の考えを口に出すほど 消化した理論は持っていないのが

          よくわかったからだ。

           

          なので、ここでは『老子・30章』を引用します。

           

           

          道にしたがって君主を補佐しようとする将軍ならば、

          兵力によって天下に強さを見せてはなりません。

           

          戦ってもひたすら平和に戻ることを好みなさい。

           

          よく見なさい。軍隊が陣をしいた後には土地が荒れて

          野いばらだけが生い茂っているではありませんか。

           

          大きな戦の後には、かならず凶作がやって来ます。

           

          本当によく戦う人は果敢に戦うだけで

          戦争を利用して国を強大にしようとしません。

           

          果敢ではあるが勝利を自慢してはなりません。

          果敢ではあるが手柄を誇ってはなりません、

          果敢ではあるが勝ってもおごり高ぶってはなりません、

          果敢ではあるがやむを得ず戦ったということを忘れてはなりません。

          果敢ではあるがそれで強くなろうとしてはなりません。

           

          何事もさかんなときが過ぎれば必ず老いて衰えます。

           

          これは私のいう道に外れた行為だからです。

           

          道にはずれたおこないをしていると早く終わりが来ます。

           

          (老子・荘子 野村茂夫 訳)

           

           

           

          31章も合わせて読んで欲しい。

           

          --------------------------------

          please click

           

          9notes ホームページ

          ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

          homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

          「栃の耳付き材のテレキャス」販売


          にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          2018.01.19 Friday

          エモーショナル・レスキュー

          0

            18歳のとき、世の中にいきどおり大人に喰ってかかり

            「どんな戦争も対だ!」と言うと

            「解っちゃいないな。ボウズ。じゃぁ、どうしてなのか説明てみろ!」と

            カウンターパンチをくらった。

             

            学校の勉強もできなかった者には、社会の仕組みがどうなっているか

            解るはずもない。ましてやそれを言葉にできるはずもなかった。

             

            ただ、「おかしいやろ。そんなん変だ!」と叫ぶしか方法がなかった。

             

            そんなオイラが出合ったものは、”PUNK ROCK”。

            こいつはスゴイぜ。理屈をごねなくたっていいんだ。叫ぶだけでOKなのさ。

            「ダムダムダムダァ〜ン、ダムダムダムダァ〜ン」と「ダムダム弾」と唱えていれば

            オイラが戦争を憎んでいるのを表現できた。

             

            「チエルノブイリには行きたくねぇ」「本当のことなんて言えない、言えば殺される」

            オイラは叫んだ。オイラは歌った。

             

            詳しく説明なんてできないけれど、この怒りをぶちまけることで

            共感と連帯感を得ることができた。

             

            これだよ、これ。これがPUNKさ。

            若い者の抑えきれない衝動。稚拙な表現。でもな、これが情動。

             

            これを”お笑い”で表現したっていいんだよ。そんなのただの表現の違いさ。

            知識人ずらした大人が「不勉強者」と偉そうにのたまっても、関係ない。

             

            若者は直感でものを言う特権がある。

            ましてや、表現ではパッションが大事なんや!

            頑張れ!ウーマン村本!

             

             

            「ダムダム弾」 https://www.youtube.com/watch?v=LK7IyiH4Q4s

            「チエルノブイリには行きたくねぇ」 https://www.youtube.com/watch?v=BGL89yXQ0Jo

            「本当のことなんて言えない、言えば殺される」 https://www.youtube.com/watch?v=UZOEgDTzX-E

            総括するとこの歌になるね。

            「イマジン」 https://www.youtube.com/watch?v=dq1z1rkjw-E

             

             

            ---------------------------------

            please click

             

            9notes ホームページ

            ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

            homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

            「栃の耳付き材のテレキャス」販売


            にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            2018.01.13 Saturday

            「BUTOH」をアーカイブ

            0

              80年代後期に「大野一雄」の舞踏を「テルプシコール」に観に行ったことがある。

              そこは東京・中野にあるスタジオで、当時 身体トレーニングをパフォーマーから習っていたので

              毎週通っていた場所だった。

               

              大野さんは高齢でこれが最後のダンスかも知れない、とウワサされていた。(毎回そんなウワサが流れた)

              会場には作家の中上健次がいた。

               

              白塗りの大野さんは女性のそぶりをしていた。

               

               

              『BUTOH』をアーカイブする動きがあるという。

               

              土方巽や大野一雄が創出したダンス『舞踏』は世界へ発信されて今や『BUTOH』で通るようになった。

              一方国内では『舞踏』の認知度は上がってこないと思われる。

               

              舞踏を知らない世代に働きかけるべく、または記録として残すべく

              「ダンスアーカイヴ構想」を立ち上げたのだと推測している。

               

              本来、舞踏は一回性の”即興”が醍醐味であるので、アーカイブ構想による記録や再現は

              その道を外しているのかも知れない。

               

              ただ、それでは将来日本から『舞踏』消えてしまうかもしれないので、このアーカイブ構想も

              必要なことだろう。

               

              一雄さんの息子「大野慶人(よしと)」さんによってVR(バーチャル・リアルティ)化されている

              という。

               

               

              モダンダンスとしての『舞踏』を知ったのは、80年代半ばの名古屋であったが

              男女が全裸白塗りでテーブルを並べて作った舞台で、横たわりながらうごめいてる のを

              「気持ち悪いなぁ」と思いながら観たのが第一印象。

               

              その後、自分が『アート・パファーマー』として活動し出すようになると

              『モダンダンス』の人達や『舞踏』の人達といっしょになることが多くなって

              演者によってもっと幅広い表現があることを知るようになった。

               

              私も土方巽の作品は映像化されたものしか(映画「舞踏譜」)知らないのだが、

              「土着性が強い農民の踊り」と評されたその概念に、まず打たれた。

               

              西洋のダンスは垂直に動き、農民の踊りは水平に動く。

               

               

              でも、どうなんだろう?

               

              日常性を排した空間を演出することに成功した『舞踏』ではあるけれど

              「美しい」とは呼べないところがある。

              こんにち国内で市民権を得ていないのは、この辺りにあるのではないか?

               

              『舞踏』初期の衝動には敬意を払いつつ、ダンスとして「美しさ」もっと表現して欲しい。

               

              土方は言った。「舞踏は残らないからいい」

              再現を超えて、新たな『舞踏』の創出を望む。

               

              -----------------------------------

              関連ブログ http://9notes2.jugem.jp/?eid=285

               

              ---------------------------------------

              please click

               

              9notes ホームページ

              ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

              homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

              「栃の耳付き材のテレキャス」販売


              にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

               

               

               

               

               

               

               

              2018.01.06 Saturday

              真訓・古事記

              0

                やりましたね。現代思潮新社さん。

                 

                お正月の新聞トップ広告にオイリュトミストの笠井叡(あきら)さんの著書

                 

                「金鱗の鰓を取り置く術  (きんりんのえらをとりおくじゅつ)」

                大石凝真素美『真訓古事記』備忘録(おおいしごりますみ『しんくんこじき』びぼうろく)を

                 

                でかでかと宣伝されとことに驚きました。ましてやこの定価が

                 

                20,000円!!!(税別)

                 

                拍手以外に表現のしようがない。

                 

                田舎では内容はたしかめようもないし、アマゾンで気軽に頼む額でない。

                私には永遠の謎の本となること間違いなし。

                 

                でも、こんな本が出ることがありがたいし、

                新刊案内でこのような本が社を代表して発表されることがうれしい。

                 

                まだまだこの国もダメにならないよ。

                 

                 

                 

                ---------------------------------------

                please click

                 

                9notes ホームページ

                ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

                「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

                 

                 

                 

                 

                 

                ---------------------------------------

                2017.12.30 Saturday

                伝播と均等と反発

                0

                  興味があったのに知らなかった事実を新たに知ると、想像の枠が拡大する。

                  (想像してみる。乏しい知識なので間違いもあるだろう、でも想像するのが好き)

                   

                   

                  中国古典に醍醐味を覚え、知った世界の深遠なことよ。

                  四書五経がそうだが、私の好みは『老子』だ。

                  『儒教』は好みでない。(なので『儒教』はちょっと脇に置いておく)

                   

                  その『老子』に『荘子』を足して『道教』という。

                  『老子』と『荘子』とが一枚岩だと私は感じないが、

                  世界的には『道教』は宗教として認知されている。

                   

                  さて、日本の『禅仏教』が『道教』の影響を受けていると知った。

                  そうなんだ・・

                  知らなかったので、さっそく『荘子』の抜粋本を読んでみた。

                  よく分からない部分も多いが、日本でも知られる逸話があったりした。

                   

                  『禅』に中国思想『老荘』が入り込んでいる。

                  ということは『曹洞宗』や『臨済宗』もその影響がある、ということ。

                   

                  道元禅師の言葉も 仏教+道教+日本古来の思想がミックスされている

                  と考えてもいいだろう。

                   

                   

                  一方、中国も自身の思想『道教』がインド由来の『仏教』に影響される

                  ことにゆれていた時代があったと知った。

                   

                  自国の思想『儒教』や『道教』が『仏教』の流行・伝播におののく姿を感じる。

                  しかし、それを無視することはできず、自国の思想が『仏教』に近づいて行く。

                  (民衆には『仏教』が魅力あるものに映ったということ)

                   

                  (『道教』が『仏教』に影響を受けていく様を神塚淑子氏の著書から知った。

                  「道教経典の形成と仏教」名古屋大学出版)

                   

                  また、その時代の民衆が求めることを取り得れることを、当時の国を治める人々も

                  当然考えたであろう。

                   

                  ひるがえって日本でも同じであった。

                  天皇家が『仏教』を推奨したり、少し角度が違うが明治政府が欧州の思想を

                  積極的に取り得れたり・・・

                   

                  それにミックスチュアー「本地垂迹説」とかが、

                  中国版『道教』と『仏教』がミックスチュアーされた経典が生まれる背景に

                  そっくりだと、先の著書で読んで感じた。

                   

                  影響されると、自然に交じっいく。

                  透明な水に赤色のインクを落とすと全体が均等にピンクに染まっていく。

                   

                   

                  ということは、

                  『仏教』の発祥地インドでも同じことが起きていたと考えてもいいのでは?

                   

                  つまり『仏教』は『ヒンディー教」だけでなく、その周りの国 中近東や欧州の思想の

                  影響を受けていた、と考えられるのでは。(そのあたりは不勉強なので推測だが)

                   

                  でも、当然といえば当然。

                  まったくの白紙から思想が生まれることはないよね。

                  だって、”言葉”自体が過去の集積であることは間違いないでしょう。

                  過去とは、人類の発明と伝播と均等の現れと見ることができるのではないか・・・

                   

                   

                  過去を振り返って考える、では私達のアイデンティティーは何なのか?

                   

                  日本ではその問題に『国学』を持って取り組んだ歴史がある。

                  いわゆる「漢意(からごころ)」を排した「大和心」は何か、という研究である。

                  本居宣長や平田 篤胤の名が浮かぶであろう。

                   

                  中国でも同じような研究がされたとある。となるとインドでも。中東でも。欧州各国でも・・

                  と推測できる。

                   

                  反発が起きるんだね。「我が民族とはなんだ?」「どこから来たのか?」と

                  問わずにいられないのが、また人間なんだろう。

                  どの国の民も同じ。

                   

                   

                  日本。狩猟採取型の「 縄文人」の後に農耕民族「弥生人」に移っていった歴史研究の間に

                  もうひと種族入り込んでいたとの説があることを知った。

                   

                  縄文人は次ぎの種族に追いやられ北海道からベーリング海峡へ移り、次の種族は弥生人によって

                  東北や九州へ移った・・・

                   

                  大和を中心に弥生人の文化は花開くが、その大和心をもった人々は、

                  お米を栽培する技術を身に付け

                  中国大陸より移って来たとか、朝鮮半島に由来するとか、

                  もっと北のユーラシア由来とか、南の島々より来たとか、

                  いろいろあって、まだまだ解明されていない。(説はいろいろある)

                   

                  「食べる」ために移動して来たんだと思う。

                  「食べる」ことは「生きる」ことだから。

                   

                  人間の種が、アフリカ大陸で生まれ世界中に散って行った。

                  食べるために。生きるために。

                  そして、各地でおのおの発達し、再び移動し始める。

                   

                  元がひとつだから、皆同じだと結論つけるつもりはない。

                  おのおの民族はおのおの特殊性を持っていると思う。

                  それがくっついたり、離れたり、融合したり、変化したりして

                  今日がある。

                   

                  面白いよね。これからもそうだろう。

                  そうあって欲しい。

                   

                   

                  いつもながらまとめる力が不足している。

                  中途半端なのは認めるしかない。

                   

                  研究者でない者が憶測で書くこと躊躇いがあるが、

                  想像を盾に自説を展開する”小説家”の手法を真似る。

                   

                  ただし、私は”小説家”より”詩人”が好きなので

                  その形式を採った。

                   

                   

                  ----------------------------------

                  please click

                   

                  9notes ホームページ

                  ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                  homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

                  「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                  にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

                   

                   

                   

                   

                  2017.12.22 Friday

                  夜空

                  0

                     

                     

                    あんまり満天の夜空はおそろしい。

                     

                    昼間は天日に隠れて見えないけれど、

                    夜に輝く星の数におののく。

                     

                    こんなにも多くの星が我等地球の上にあり

                    私達人間を見ているとしたら・・・

                     

                    悪さなんてできないよ。

                     

                     

                    文明の火が夜空を焼いて

                    星を見えなくした。

                     

                    その分、人間は自分勝手するようになった。

                     

                     

                     

                     

                     

                    ------------------------------

                    please click

                     

                    9notes ホームページ

                    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

                    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

                     

                     

                     

                    2017.12.14 Thursday

                    ロシア Wカップ

                    0

                      東アジア・サッカー選手権(EAFF E-1)を戦っているJリーグ選手中心の

                      日本大表ですが、特別に強いという印象を持つことはできませんね。

                      中国・韓国・北朝鮮・日本の力は拮抗しているということです。

                       

                      アジア全体においても日本のワールドカップ予選突破は薄氷の勝利でした。

                       

                      しかし、サッカーは面白いワールド・スポーツです。

                      必ずしも、経済大国がサッカーが強いとはならないところがね。

                      また、人口が多い国が強いとはならないところも。

                       

                      現に今回の大会の予選では、あの米国が負けています。

                      米国は野球とバスケットとアメリカン・フットボールの国ですが、

                      サッカーもなかなか強かったのです。

                      しかし、今回は他の中米諸国に敗れている。その事実は大きいです。

                       

                      中国も10年後はサッカー大国になっていても不思議はない国ですが、

                      果たしてそうなるかは未知数です。

                      戦術も大切ですが、個人の判断が重視されるからです。

                      そこが育つか否かが分かれ目です。

                       

                      イタリアもオランダも予選突破できませんでした。

                      そのくらい欧州は激戦区だということです。

                       

                      アジアもそれくらいでないと、ワールドカップ本大会で

                      ベスト8に入る実力が付かないと思われます。

                      日本が韓国が予選突破できるかどうか分からないくらいでないと

                      本大会での躍進は期待できないでしょう。

                       

                      ブラジルは『BRICs(ブリックス〉』の一角で

                      経済発展著しいといわれますが、

                      リオ・オリンピック後の国内の荒れ方をみると

                      まだまだ台所事情は苦しいと推測できます。

                       

                      しかし、サッカーにおいては50年も前から英国はじめ

                      欧州と肩をならべる列強でした。

                      そのことは、ブラジル人の誇りで、日本に出稼ぎに来ている

                      ブラジル人も、きっと心の支えにしていることでしょう。

                       

                      経済が右肩上がりでない日本は、人口も減って行く。

                      でも、サッカーは強い、そんな国に将来なってもらいたい。

                      (野球も強くて柔道も強い。

                      ほかのスポーツもおしなべて強い、と本当はいいたいところだが・・)

                       

                      それには、個人がもっと自由にもっと楽しく

                      上から押し付けでなく、ピッチで自分を表現できるようにならないと

                      いけない。

                       

                      それには、教育がどうであるべきか。大人がどうあるべきか。

                      問われるんじゃんないか?そう感じます。

                       

                      政治の世界がこの ていたらくでは、それも期待薄か・・・

                       

                      (しかし、20代が中心のこの世界では、彼等は大人を超えている

                      とも言える。ピッチの表現を社会でも表現できたら・・)

                       

                       

                      ----------------------------

                      please click

                       

                      9notes ホームページ

                      ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                      homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

                      「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                      にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      Calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM