2017.08.05 Saturday

大臣

0

    安倍首相が内閣改造をして新しい大臣を任命した。

     

    今回顔ぶれうんぬんは置いておいて、

    『大臣』という言葉の響きが、議員の皆様の”あこがれ”なのが解る。

     

    当選回数が多い議員は、その対価として『大臣』ポストを

    派閥を通して要求する。

     

    このポストは、「双六(すごろく)」の”上がり”なのだ。

    どこの省庁だっていい、省庁がなくたっていい、肩書きに『大臣』が付いてさえいれば。

     

    つまり『大臣』はお飾りなのだ。

    実質は省庁のお役人が動かしているから問題ない。

    (となるが、それでは国民に選ばれた者が国を動かすことにならないので

    先の民主党政権は役人を遠ざけようとして、失敗した)

     

    本当は『大臣』が大きな指針を出して

    よりよい政策を実行することができるので、

    重要なポスト・・・・なのは中学生でも解る。

     

     

    日本国には”象徴”としての『天皇』を置いているので

    米国や韓国のような『大統領』はいない。

     

    その代わり『内閣総理・大臣』が国政を司る。

    トップのポストも『大臣』になっているところが面白い。

     

    国会の議席数のもっとも多い党の党首が、そのままスライドして『総理大臣』を

    務めることになっているのだが、その承認は『天皇』がするんだっけ?

    なんだか、『征夷大将軍』と同じだね。

     

    しかし、器の小さな人間が間違って第一党の党首になってしまうことは、

    あるのだから、その上に”象徴”だとしても『天皇』がある方が

    国の気品と安定が図れて安全弁が機能すると言えよう。

     

    そう考えてしまう。

    (”革命”がなぜ起るかは、この欄では問わない)

     

    ---------------------------

    please click

     

    9notes ホームページ

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

     

    2017.07.28 Friday

    朝顔

    0

       

      気温が高く雨が多いと人間には不快指数が高いのですが

      草と夏野菜が元気に成長してくれる。

       

      田舎に家を借りていると

      その接続地と道はすべて「草刈」対象なので

      夏はエンジン草払い機での草刈作業に追われることになる。

       

      朝は毎日、畑に寄って夏野菜を収穫します。

      トマト・茄子・ピーマン・キュウリ・・・

      どれも新鮮で抜群にうまい。

       

      キュウリは棚にネットを張って

      蔓を伸ばすが、今年はそこに天然の「朝顔」が

      蔓を伸ばした。

       

      どんな花を咲かすか期待していなかったが、

      それは

      薄い薄いピンク色で控えめなんですが、

      しっかりと存在する姿が美しくて美しくて。

       

      キュウリよりも朝顔に会いに

      畑に行くのが楽しみなんです。

       

       

      ---------------------------------

      please click

       

      9notes ホームページ

      ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

      homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

      「栃の耳付き材のテレキャス」販売


      にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

       

      2017.07.22 Saturday

      MexicoとHonda

      0

        本田圭祐がメキシコ一部リーグ「CFパチューカ」に電撃移籍したのは、皆さん承知のことでしょう。

        メキシコ好きの私はこれを歓迎します。”圭祐 ようこそメヒコに!”

         

        ただ一年契約っていうのがね・・・

         

        メキシコ郡部の小都市は、思ったより小さい街です。

        本田氏も同じメキシコ国内ならメキシコ・シティを本拠地にする

        「クラブ・アメリカ」の方がよかったと思うんじゃないかな。

        メキシコ・シティは大都会なのでオフが楽しめるから。

         

        友人の彫刻家(奥村浩之)がイダルゴ州の隣、ベラスケス州ハラッパに住んでいて

        そこに1週間ほど滞在したことがある。(地方都市のよさはそのとき経験した)

        美しい小さな町並みは、堅牢な石作りで、スペイン人がメキシコを征服した折、

        故郷を模したことから始まった。つまりヨーロッパ似なのだ。

        (これは「コロニアル様式」と呼ばれる。)

         

        イタリアリーグにいた本田氏は、これはヨーロッパと同じと歓迎するかも知れないが

        そのうちちょっと違うと感じるだろう。だってここは中南米だから。

        (南米にはアルゼンチンがあってここはもっとヨーロッパテイストが強いという。

        メッシの故郷だね)

         

        アメリカの隣の国だし、ヨーロッパの雰囲気があるから

        移籍に躊躇しなかっただろうが、私はブラジルに移籍したのと同じだと思うよ。

         

        「CFパチューカ」のオーナーや前日本代表監督アギーレ氏は白人のようだが、

        メキシコはスペイン人と原住民のハーフの”メソチソ”と呼ばれる人の比率が高い。

         

        原住民は、かつてマヤやアステカ文明を築いた人々で、米国のインディアンと同じ

        ”モンゴロイド”です。ユーラシア大陸からベーリング海峡を渡った人々の末裔だから

        ”メソチソ”の民も日本人と似たところがある。

         

        そこがメキシコと日本人の相性のよさになると思う。

         

        本田氏も一年住んだら、きっとむっちゃ好きになるよ。

        そうしたら契約を延長するだろう。

        メキシコ・シティに移ってもいいからさぁ。

        ねぇ。そうしてよ!

         

         

         

        関連ブログ・「哀愁のアルゼンチン」

              「同調圧力」

              「私の地球の歩き方・2」

        ----------------------------------

        please click

         

        9notes ホームページ

        ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

        homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

        「栃の耳付き材のテレキャス」販売


        にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

         

        2017.07.14 Friday

        漫画家

        0

          一度も漫画家になろうとは思わなかった。

           

          理由は簡単。

          同級生にマンガのものすごくうまいヤツがいて、いつも(毎日)

          打ちのめされていたから・・・・

           

          マンガの神様『手塚治虫』が小学生の時点で、完成されていたことは

          皆ご存知だと思うが、本当に最初から完璧なラインを描ける人は

          いるんだよね。

           

          友達を見ていたから、それは本当のことだと解る。

           

          運動がダメでも勉強がダメでも、マンガがうまければOKなんだ。

          彼の描くラインは生き生きしていて、見ている者の心がウキウキする。

          次ぎはどんなラインを引くのだろう。どんなキャラクターが生まれるんだろう。

           

          うらやましくてたまらなかった。

           

          小学4年生のとき3人で壁新聞を発行した。

          僕と彼と学級委員。

          持ち回りでネズミが主人公の野球マンガを連載することになった。

           

          「チュー太」って言ったかなぁ。

          そのピッチャーが”魔球”を投げるんですよ。ボールが火を噴いたり消えたりする話。

          (当時、「巨人の星」や「侍ジャイアンツ」など流行っていた)

           

          彼の回は、絵だけでも面白くて100点。

          学級委員は、スポーツも勉強もマンガも得意でストーリー展開がよく90点。

          僕の回は・・・・一生懸命描いたけど、ラインが生きていなくて薄汚れた絵なので50点。

           

          結局、壁新聞は中途半端に終わった。

           

          漫画家は魅力的な職業だと思うよ。

          だけど、その選択肢は、僕にはなかった。

          少し残念だった。

           

           

          -----------------------------------

          please click

           

          9notes ホームページ

          ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

          homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

          「栃の耳付き材のテレキャス」販売


          にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

           

           

           

           

           

           

           

          2017.07.07 Friday

          四智

          0

            仏教には『四智(しち)』というものがあるという。


            ・大円鏡智(だいえんきょうち)

            大きな円い鏡に一切がありのままに映し出されるように、すべてを明らかにする曇り一つない清浄な智

             

            ・平等性智(びょうどうしょうち)

            自他すべてのもが平等であることを証する智

             

            ・妙観察智(みょうかんざっち)

            平等の中に各々の徳性があることを証する智

             

            ・成所作智(じょうしょさち)

            あらゆるものをその完成に導く智

             

            仏教用語はむずかしくて、とてもとても理解できないのですが、

            日本人は漢字を姿から理解できるので、なんとなく感じがわかる気もします(気がするだけですが・・・)

             

            大円鏡智は、円い鏡だと解ります。その鏡にあらゆるものが映るのですね。

            ウソもマコトも映ってしまう。すべてお見通しだから、こちらは清らかになるしかありません。

             

            平等性智は、『平等』がついているから民主主義を知っているものは近しい感じを受けるのでは。

            細菌も 人間も 石も 草も 同じ地球という 乗り物の同乗者ですよね。

             

            妙観察智と成所作智は、今の私では読み解くことができません。

             

            そのうえ、それは『無差別智』の働きを現しているという。うーん、さらにむずかしくなって来ましたが、

            差別のないところですので、そのまま理解できないこともないです。

            この『無差別智』はマコトの「智」で『真智』であるとのこと。

             

            一方、マコトでないヨコシマな「智」は『世間智』というそうで、

            「世間」とあれば人の眼ばかりが気になってしかたない姿を連想できます。

            『世間智』は『邪智』であるとのこと。

             

            「世間」と「無差別」の間は『分別智』があるようで、意識的に純粋であろうとしますが、

            それは意識下のことでまだ解放されていない感じを受けますね。

            「分別」とは「世間の道理」のことだと思いますから。

            これもまだ『邪智』のようです。

             

             

            岡潔の本を読んでいまして、備忘録がてらに記してみました。

            これらは正しい解説ではありませんからアシカラズご了承ください。

            私なりにまとめただけですから。

             

            『唯識』の世界を勉強すればもっと解るかも知れませんが、私は「学僧」になりたい訳では

            ありません。円くて境界のない世界を実感して、自他別なく生きたいだけです。 

             

             

            -----------------------------------

            please click

             

            9notes ホームページ

            ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

            homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

            「栃の耳付き材のテレキャス」販売


            にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            2017.07.01 Saturday

            情緒

            0

               

              ある本屋さんの売り上げランキングの中に

              1978年に亡くなっている数学者「岡潔」の著書『数学を志す人に』が入っているという。

              (平凡社が新調したシリーズ「STANDARD BOOKS」の一冊)

               

              その帯に「人の中心は情緒にある」とある。

              松岡正剛がこの本の中からセレクトした言葉だ。

               

              おおお、その通りだ。

               

              私は、この言葉を私の先生から聞いて知っていた。(先生は自然農の「川口由一」)

              先生は若い頃 「岡潔」の私塾に通っていたという。

               

              そこできっとこれを学んだと思う。そして会得した。

              その会得したものを、今度私が学んだ訳だ。

               

               

              私が子供を授かり親になったとき

              教育の柱は「情緒」を育むこと第一義にすべきだ、と考え実行してきた

              つもりだ。(結果は・・・)

               

              『情緒』と同時に大切なものとして『真善美』があるという。

              これを外して人間として成長できないと理解していたので、これについて少しづつ考えて来た。

               

              情緒を豊かにするには、『真贋』を明らかにして『善悪』をわきまえ『美醜』の別をつける。

               

              親がこれを見極めて子供に示さないと教育にならないのだが、私ができたのは、

              「うつくしい月をいっしょに見たり、蛍を追ったりする」ことぐらいだった。

               

              この本が売れて「岡潔」の考えが一般的になることは喜ばしいなぁ。

              岡氏の高等数学理論はさっぱり解らないが、『情緒』の大切さをこの時代に

              認識してもらうことは大ききことだと思う。

               

               

               

               

              --------------------------------

              please click

              ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

              ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

              「栃の耳付き材のテレキャス」販売


              にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              2017.06.23 Friday

              マイス

              0

                ”嵐”のメンバーの一人(大野君だったか・・)が毎日『ブリトー』を食べていると番組でメンバーが語っていたな。

                私も『ブリトー』が大好きです。

                 

                米国のアリゾナ州に留学していたとき、メキシコ系アメリカ人の友人が、その料理を教えてくれた。

                スーパーに行けば、トウモロコシの粉でできた薄くて丸い『ブリトー』の”皮”が10枚入りで売っていて、

                それに挽肉を炒めて、生のトマトとレタス・チーズをいっしゅに包めば、おいしい『ブリトー』が完成。

                『チリビーンズ』をいっしょに炒めれば、さらにそれっぽくとマイウー。

                 

                毎日食べてもよかったです。それくらい飽きない味でした。

                 

                『タコス』も米国の国民食になりつつあったな。

                ”皮”が揚げてあって、そこにチリソースとチーズをかけるところがいいのだが、

                私は食べにくい料理だと思っていました。ボロボロこぼれるんで・・・・

                 

                その後、メキシコへ旅をした。

                 

                そこで知ったのだが、『ブリトー』も『タコス』もメキシコ北部の料理で、

                メキシコ料理とは、本国では認められていませんでした。

                 

                それらは、アメリカナイズされたメキシコ料理です。

                本当のメキシコの文化の重心は、もっと南でそこの主食は『トルティーヤ』です。

                トウモロコシの粉で焼いたパンで、インドの『ナン』に似ているかな。

                 

                この『トルティーヤ』の味がいいお店が”うまい料理店”と呼ばれるくらい

                味の基本と認められているんですね。日本人が『お米』の味にうるさいのと同じです。

                 

                メキシコ人の食の基本ですが、お金持ちは『トルティーヤ』の真ん中の軟らかいところだけ

                食べて、後は捨ててしまう・・・という話があって、その題材が絵画にもなっています。

                 

                メキシコには壁画運動という革命運動と連動していた芸術があり、

                その三大巨匠「オロスコ・リベラ・シケイロス」の一人が描いていたと思います。

                 

                私が旅した頃に「ルフィーノ・タマヨ」っていう画家が有名でしたが、その方が

                描いていたかも知れない、不確かな記憶です。

                とにかく『トルティーヤ』の端を食べないっていう題材が強烈で忘れられないのでした。

                 

                日本で食べる『トルティーヤ』は小麦っぽくてメキシコの味がしないなぁ。

                また、メキシコへ行きたいよ。

                 

                 

                 

                ------------------------------

                please click

                ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

                「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                ---------

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                2017.06.16 Friday

                花と蝶

                0

                   

                  畑で夏野菜の世話をしている。

                  暑いのでときどき手を止め、ぼんやりと小休止する。

                   

                  自然農の畑は、草々の中で野菜を育てるので

                  夏の草が畑のあちこちで開花している。

                  蝶がその蜜を求めて飛来する。

                   

                  花と蝶の図は見事だ。

                  花が蝶なのか?蝶が花なのか?

                  区別はもちろん付くのだが、その差が大きくない。

                  植物と昆虫の差を感じさせないのだ。

                   

                  飛ぶ植物。

                  開花する昆虫。

                   

                   

                  自然界は一体の営みであることを感じて

                  うれしい。

                   

                   

                   

                   

                  ----------------------------------------

                  please click

                  ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                  ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

                  「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                  にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  ---------

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  2017.06.08 Thursday

                  字体

                  0

                    宛名をボールペンで書く。

                    なんと下手な字なんだ、と毎回思う。

                     

                    それにしてもずい分 角ばった「字」だな。

                     

                    昔はこんな「字体」でなかったように思う。

                    そういえば、これまで何度か「字体」を意識して変えて来た。

                     

                    一番多く変化していたのは、学生のときだろう。

                    毎日ノートにせっせと「字」を書いていたのだから、ときどき気分転換に

                    「字体」を変えて変化を愉しんだ記憶がある。

                     

                    4コマ漫画の「ふきだし」は手書きが多かったので影響を受けたなぁ。

                    友人の「字体」にも知らず知らず影響を受けたか。

                     

                    「ひらがな」や「漢字」だけでなく「アラビア数字」もそう。

                    一生懸命、かっこいい「字体」を探していた。

                     

                    しかし、昨今はパソコンで文字を書くことが多いので

                    手書きの文字を

                    どうのこうの考えることは極端に減った。

                     

                    たしかに「フォント」にこだわる癖はまだ残っているが、

                    手書きの「字体」を意識するのは、宛名書きのときぐらいになってしまった。

                     

                    でも、「いい字」を書いてみたい欲求はまだある。

                     

                     

                    良寛さんの文字のうつくしさには、うっとりしてしまいます。

                     

                     

                    ---------------------------------------

                    please click

                    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                    ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

                    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    -----------------------

                     

                     

                     

                    2017.06.03 Saturday

                    視点

                    0

                       

                      普段立って仕事することが多いが、

                      ギターの配線では椅子に座って仕事する。

                      カンナの刃を研ぐときは、床に腰を落としてやる。

                       

                      たまたま、子供用の椅子を仕事場に持ち込んで

                      床に置いたダンボール箱の中身を整理していた。

                       

                      ふと見上げると、

                      それは 立っている時とも、座っている時とも、しゃがんでいる時とも

                      違った世界が立ち上がっていた。

                       

                      わずか床から30センチ上がっただけなのに

                      それは別世界のような感覚だった。

                       

                      *

                       

                      世の中もそうではないか?

                      少し視点が変われば、解決できる問題があるんじゃないか?

                       

                       

                       

                       

                      ------------------------------

                      please click

                      ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                      ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

                      「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                      にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      -----------------------

                       

                      Calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM