<< モヤモヤ | main | 五輪メインスタジアム >>
2019.05.28 Tuesday

憧れのパリ

0

    たまたま選んだ2冊の本の中で、戦前のパリに滞在した日本人に関しての記述が

    共通しているところがあり興味をそそられた。

     

    その2冊とは、金子光春の『ねむれ巴里』と岡潔の『ラテン文化とともに』。

    詩人と数学者がパリに洋行したときに自身の身の回りに起こった事象が記されている。

     

    金子は2回ほどヨーロッパに訪れているが、『ねむれ巴里』の内容は2回目のパリ滞在でのこと。

    記録によると1930年とある。一方 岡がフランスに留学したのは1929年とあるから

    二人はほとんど同じ時期にパリにいたことになる。

     

    両方の本から、その当時パリに遊学・留学していた日本人は相当数いたことがわかる。

    画家を目指したり政治を学ぶための官僚や技術を学ぶ民間人が、パリにいたのだ。

    世界の中心であったパリに向わせたのだろう。

     

    パリは世界中からとんがった人間が集まって、エキセントリックな街になっていた。

    (60年代になるとそれがニューヨークへと移るんだが)

     

    どうも当時のレートは円が強かったようでお金持ちならヨーロッパに行くことも可能だったようだね。

    もちろん一般の民・百姓には夢また夢の世界であったろうが、

    地方の名士や中央のハイソな家庭ではそこそこ蓄財があったことが、

    例えば陶芸の富本憲吉や詩人の高村光太郎や画家の藤田 嗣治の洋行でわかる。

     

    彼らがパリやヨーロッパで学んだエスプリは、太平洋戦争前後の日本の文化に大きな影響を与えただろう。

    興味深かったのは、彼らが白人コンプレックスをあまり感じなかったことだ。

    西洋と肩を並べる国の勢いを日本に感じていたからだろうか。(だから無謀な戦争に突っ走った)

     

     

    現代の中国人がそれと似たような状態かも知れぬ。

    米国大統領におべんちゃらばっかりしている我らの宰相は、コンプレックスの塊かも知れぬが。

     

     

    -----------------------------------

    Please click

     

    お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

    9notes ホームページ

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

     

    NINJA TOOLS

    NINJA TOOLS

    NINJA TOOLS

    *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM