<< 詩人がいた時代 | main | 古い雑誌 >>
2017.11.17 Friday

出生年代

0

    いつぐらい前からか忘れてしまいましたが、識者のコメント欄に表記される”出生年”を

    まじまじと見るようになりました。

     

    ここ数年は年下が多くなったような・・・

     

    自分は、性別年齢を気にするようなタイプではないのですよ。

    でも、少し前まではその手の人達が皆年上の人だったように感じていたのが、

    おしなべて年下ばかりになって来ると、

    ちょっと「俺も古い人間に分類されるのか?」と

    思わずにいられない狭量さが持ち上がって来てしまうのです。

     

    とほほ。

     

    そうですね。活きのいい識者は70年代生まれが多くなって来ましたね。

    40歳代ですか・・・それくらいの年齢が仕事に油が乗って来るときでしょう。

     

    業種によっては、年上が多いのもありますよ。

    その最たるものが「政治家」で、これは困りものだと感じています。

    政治の世界こそ女性や若い人の比率が高くなって欲しいものです。

     

    同年代にはついエールを送ってしまいます。

    1960年代生まれの人達へ です。

     

    彼等が頑張っていると「よし、俺も踏ん張ろう!」と思います。

    一方、彼等がヘタっていると「なにやってるんだ。まだまだだろう!」と

    叱咤激励してる自分がいます。

     

    いつまでも「経験値」と「アップデートな更新情報」を

    有効に生かして仕事をしたいものです。

     

    いくつになっても「コンテンポラリー」が好きなのです。

    (現在進行形の意)

     

     

    ---------------------------------

    please click

     

    9notes ホームページ

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM