<< 完全なる存在 | main | 党名ギャグ >>
2017.10.06 Friday

Not Always So

0

    「必ずしもそうとは限らない」の意だという。

    それを禅では「可必」というらしい。

     

    スティーブ・ジョブスの師 鈴木峻隆禅師の講話から

    教わった。

     

    「必ずしもそうとは限らない」

    この考え方は”漢方”の見てたのときに重要だ。

     

    人の身体はそれぞれで一様に同じではない。

    なので、あらかじめ答えを決めてしまっては

    その人にあった答え(証立て)を導き出せない。

     

    「そういうときもあるし、そうでないときもある」

    といつも意識していないと間違ってしまう。

     

     

    講話の中で鈴木禅師は『一水四見』を披露された。

     

    「人間にとっては水は水ですが、天界の存在にとってはそれは

    宝石です。魚にとっては家ですし、地獄にいる人や餓鬼にとっては

    血あるいは火なのです」とある。

     

    道元曰く「水は水だと言うが、それは正しくない」

     

     

    そうだったか。

     

    『証立て』と『一水四見』は、同じでないけれど

    英語では同じととっていいんじゃないかなぁ。

     

    Not Always So

     

     

    霧の背後にある本体は微塵も動かない。

     

     

     

    -----------------------------

    please click

     

    9notes ホームページ

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM