<< マイス | main | 四智 >>
2017.07.01 Saturday

情緒

0

     

    ある本屋さんの売り上げランキングの中に

    1978年に亡くなっている数学者「岡潔」の著書『数学を志す人に』が入っているという。

    (平凡社が新調したシリーズ「STANDARD BOOKS」の一冊)

     

    その帯に「人の中心は情緒にある」とある。

    松岡正剛がこの本の中からセレクトした言葉だ。

     

    おおお、その通りだ。

     

    私は、この言葉を私の先生から聞いて知っていた。(先生は自然農の「川口由一」)

    先生は若い頃 「岡潔」の私塾に通っていたという。

     

    そこできっとこれを学んだと思う。そして会得した。

    その会得したものを、今度私が学んだ訳だ。

     

     

    私が子供を授かり親になったとき

    教育の柱は「情緒」を育むこと第一義にすべきだ、と考え実行してきた

    つもりだ。(結果は・・・)

     

    『情緒』と同時に大切なものとして『真善美』があるという。

    これを外して人間として成長できないと理解していたので、これについて少しづつ考えて来た。

     

    情緒を豊かにするには、『真贋』を明らかにして『善悪』をわきまえ『美醜』の別をつける。

     

    親がこれを見極めて子供に示さないと教育にならないのだが、私ができたのは、

    「うつくしい月をいっしょに見たり、蛍を追ったりする」ことぐらいだった。

     

    この本が売れて「岡潔」の考えが一般的になることは喜ばしいなぁ。

    岡氏の高等数学理論はさっぱり解らないが、『情緒』の大切さをこの時代に

    認識してもらうことは大ききことだと思う。

     

     

     

     

    --------------------------------

    please click

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM