<< 松岡正剛×水曜日のカンパネラ | main | 全粒粉 >>
2017.05.05 Friday

祖国

0

     

     

    サッカー中継の後たまたま付けいたテレビで「ミュシャ」の特集をやっていた。

    ふーん「ミュシャ」か、アールヌーボーのポスター画家だな、と軽く思っていたが違った。

     

    パリで成功した後、突然故郷のチェコに帰って「スラブ叙事詩」なる連作をアトリエにこもって

    描いていたそうな。

     

    村人をモデルに登場人物を描きスラブ民族の出自をテーマにした。下図には写真も使ったそうだが、

    彼の持ち味のデッサン力がモデルと構図を引き立てたことは間違いない。

    (デッサン力はポスター書きのときにもその威力を発揮したいた)

     

    「スラブ叙事詩」はどれも大作で、それを完成させるには精神力と忍耐力が求められただろう。

    ミュシャにはそれがあったのだ。彼は描き続けていたが、途中でゲシュタポに捕らえられてしまい

    最後の絵は未完のままになっていた。

     

    以上のことを番組内で”多部未華子”がナビゲーターになってレポートしていた。

     

    音楽家「スメタナ」の「わが祖国」が通奏低音のように効いていたな。

    https://www.youtube.com/watch?v=2Sp4JyDNNr8

     

     

    「マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや」寺山修司

     

    わが祖国もピンチではないか?

    放射能汚染は収まるどころでない。

    自由な意見も政府に気にくわなければ捕まえることができる法律を作ろうとしている。

    外交に力を入れる前に軍事力を増強しようとしている。

     

    祖国の実相は、国体でなく国民である。

     

     

    ------------------------------------

    please click

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

     

    ------------------------

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM