<< 寿命 | main | 春の雲 >>
2017.03.16 Thursday

工芸

0

     

    先週の新聞日曜版に工芸家の須田賢司さんが取り上げられていました。

    彼曰く「コウゲイという言葉で外国でもわかってもらえるように、海外で広めたいと思っています」

    (須田さんは木工の人間国宝に認定されています)

     

     

    甥っ子が結婚するのでそのお祝いに友人の作った”やきもの”を贈ることにしました。

    お祝いに”やきもの”を贈ることが多いですが、その際「ウチ使い」用にも買い求めます。

    これがうれしいんですよね。

    何かないと「ウチ用」に買えないですから。

     

    日本人は世界で名だたる”やきもの”好きですが、それはちょっと昔の話かな?

    「なんでも探偵団」では骨董好きのおじさんが結構多いのに驚かされますが、

    一般人ではそれほどでもないかと思います。

     

    100円ショップの器で充分だと思っている人も多いでしょうし、また昨今の100円ショップの

    デザインのグレードは、なかなか高いものです。

     

    ひとつ1000円から5000円のコーヒーカップやお茶碗は、なかなか買えないのは

    理解できます。

     

    しかしながら、ひとたび「コウゲイ」の魅力、奥深さを感じたならば、この値段は

    それほど高いと感じないものでもあります。それは”内面の豊かさ”を実感できるからです。

     

    ”内面の豊かさ”って何?と思われるでしょう?

    美味しいものを食べている感じって言ったらいいかな。満足感でいっぱいでなおかつお腹も膨れる。

    ”内面”ですからお腹は実際にいっぱいにならないですが、”こころ”がいっぱいになるのです。

     

    人はおいしい食事を舌で食感で香りで楽しみますが、眼でも味わっていますね。

    その際「器」も重要な要素であることは解っていただけると思います。

     

    「器」が美しいと食材も調理の腕も引き立ちます。そして”お腹”と”こころ”に満足感が味わえるのです。

    「器」をも含む「コウゲイ」はその”総体”です。

     

    人間の生活に「音楽」が「美術」が「建築」が「文芸」が「演劇」が花を添えるように

    「工芸(コウゲイ)」もその一翼を担っています。

     

    「食べ物」が人間の生命維持に不可欠のように「芸術」は人間のこころに直接関わり

    人間が人間たる源になっています。

     

    あなたの毎日の食卓に「コウゲイ」を載せて、たいらげて見ませんか。

     

     

    -------------------------------------------------

    please click

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

    Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中

    SINOMAN シノマン のクラシックギター受注販売

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM