<< 一年間ありがとうございました。 | main | ボンバーよ! >>
2017.01.08 Sunday

稲本正

0

    家具製作工房をやっていたとき、いつも気になっていたのが

    岐阜県高山市にある「オークビレッジ」でした。

     

    そこの代表の「稲本正」さんは大学で物理学を修めたという

    インテリでかつ先を読む目も優れていた人物。

     

    親が所有していた高山市清見の山林に複数の若者と入植し

    住宅や工房を作りつつ都市に販売するという形を作ったパイオニアでした。

     

    その若者たちを菅原文太さんや永禄輔さんが支持し、一時は時の寵児となった

    のが稲本さんです。

     

    私が岐阜で「オルガン工房」の見習いでいたころ、都市部から木工好きで岐阜に

    訪れる人の定番コースのひとつに「辻オルガン」→「オークビレッジ」というのが

    あったので、そのころからマークしていました。

     

    その後、私も独立して工房を持ったときも 稲本さんの言動は、注意して見ていました。

    弱小工房は、どうしても時代のニーズやその分析力に劣るので、彼からなにかエッセンスを

    得ようとしていたのです。

     

    また稲本さんの著作は家具・木工の域をずっと超えて「自然環境」にまで至って

    いるので”自然農”をやる私も共感できるところが大でした。

     

     

    今はギター修理工房がメインなので、そっちの方にうとくなっていますが

    ひさびさに「稲本正」さんの動向を追うと「オークビレッジ」から離れていました。

     

    年齢からかなぁ。

    トレードマークだった口ひげも剃っていました。

     

    いずれにしても「木の文化」のコメンテーナーとしてこれからもますます活躍して欲しいです。

     

     

     

     

     

     

    ----------------------------------------------

    please click

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

    Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中

    SINOMAN シノマン のクラシックギター受注販売

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM