<< 上から目線 | main | トランプ・ゲームはしたくない >>
2016.11.02 Wednesday

「清貧」と「断捨離」

0

    バブルがはじけたころに中野孝次の『清貧の思想』という本がベストセラーになったことがありました。

    この類の本が売れるということが驚きでしたが、人々の中にバブルに浮かれた反省があったのかも知れません。

     

    良寛さんの文に

    「かつて高僧の伝を読むに 僧は清貧を可とせり」というのがあって、

    昔から『清貧』の暮らしがいいと高僧がおっしゃっておられた、と言うのです。

    良寛さんよりさらに昔だからどれくらい昔なのかな?

     

    古代インドでは、人生を4つの時期に区切ったそうです。
    「学生期」(がくしょうき)
    「家住期」(かじゅうき)
    「林住期」(りんじゅうき)
    「遊行期」(ゆぎょうき)

     

     

    家族を持って子供を育て(「家住期」)た後、自然の中で自分自身に向き合い(「林住期」)

    そして最晩年は聖地へ向かって旅立ち祈りの日々を生きる(「遊行期」)

    と。

    身の回り品は最小限で托鉢の日々になるのでしょうか?

     

    多く入が所持品が増えてしまうのに気づくようになったようで、昨今は『断捨離(だんしゃり)』ブームです。

    100円ショップに代表されるモノ溢れ現象に疲れはじめていますね。

     

    そういう私も片付かないパソコン周辺に埋もれて、この文を書いています。

    パソコンが重いのはそのせいかな?

    良寛さんは紙も筆も選ばなかったのかなぁ?

    「いさぎよい(潔い)」姿勢が大事なんだろうね・・・

     

     

    ------------------------------------------

    please click

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

    Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中

    SINOMAN シノマン のクラシックギター受注販売

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 
     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM