<< 畏れ | main | ヒマ >>
2016.08.06 Saturday

阿修羅

0

     

    青年期は『阿修羅の世界』であるという。

    過ち多い時期なのだ。

     

    だれしも赤子から出発し少年期・青年期を過ごし

    中年・壮年期『大人』となり、そして老年期『年寄り』になるのである。

     

    失敗はだれにでもある。

    青年期は数多く失敗した方がいいだろう。

     

    それが糧となり、大人として自覚と責任も全うできるようになる。

    ・・・そうならないといけないのが『大人』なのだ。

     

    さて『阿修羅』とは仏教の『六道(りくどう)』から来ている言葉だ。

     

    『六道(りくどう)』とは、(私の理解の範囲だが)何かというと、

    字のごとく六つの道・世界のことだ。

     

    まず仏教の目標といえば、『解脱』。輪廻から逃れることにある。『涅槃(ニルバーナ)』に至ることが

    目標となる。「悟り」を得て『解脱』するのだ。(ちなみに『仏』とは「解脱した人」のこと。)

     

    私達、人間は『人間道』にいるという。

    その上の世界は『天界道』で、人間界の下の世界が『修羅道』だ。

    その下にはさらに3つの『道』がある。

     

    下から順に紹介すると

    『地獄道』

    『餓鬼道』

    『畜生道』

    『修羅道』

    『人間道』

    『天界道』で、それを『六道』と呼ぶ。

     

    人間は生きる悲しみ・苦しみ・歓びを持っているが、

    阿修羅は欲望と争いの中にいる。

     

    まさに青年期は「独善に陥り、欲を制御できず、抑えられない怒り」を持つ時期だろう。

    だからこそ、悩み多き時期でもある。だれしも覚えがあろう。

     

    そして、ここを超え『人間道』で仏になる道がゆるされている。

     

     

    近年の人間の心の成長は、遅くなっているんじゃないか?

    寿命が延びて相対的に『修羅道』にいる時期が長くなっている。

     

    若者による おぞましい事件「テロ・殺人」などは『阿修羅』の仕業と思える。

    一方、歳だけ重ねても『修羅道』にいつづける輩も多い。それも問題だ。

     

    妖怪人間「ベム」ではないが「早く人間になりたい!」と思わないといけない。

     

    ところで、宮澤賢治の詩集の題は『春と修羅』だった。

    賢治もまた悩んだ ということなのだ。

    「悩む」ということはむしろ必然で、そこを得て、今度はそこから

    解放された世界を希求することになる。

     

     

    ------------------------------------------------------

    please click

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

    Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中

    SINOMAN シノマン のクラシックギター受注販売

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 
     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM