<< 日本のヴァイオリン製作の先駆者「鈴木政吉」 | main | 春の真実 >>
2016.03.10 Thursday

0

    お手入れしてない我が家の庭だが、
    冬には多少 樹木の剪定をする。

    一番むつかしいのが『梅』の樹で
    先の枝ぶりまで予測して切らないと不細工になる。
    (もうなっている)

    『花桃』も大きくなり過ぎて
    洗濯物に陽が当たらなくなってきたので
    枝を剪定。

    『山椒』は料理のツマに一本あってもいいのだが
    通りの邪魔をするようになったので剪定する。
    (アゲハが卵を産みにくるのも楽しいが)

    山椒には「棘(とげ)」がある。
    掌の真ん中に突き刺さった。
    うーん。

    下草を刈ったら『野ばら』の棘が
    軍手越しに指に 刺さった。

    とどめは『ピラカンサ』だった。
    一昨年根元から伐採したのに、また枝を伸ばしていたのだった。
    手の甲にグサ!

    棘があるのは、人間だけでない。


    ------------------------------------------
    Please click

    ギター工房9notes/勝田進

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中


    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

     
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM