2017.06.03 Saturday

視点

0

     

    普段立って仕事することが多いが、

    ギターの配線では椅子に座って仕事する。

    カンナの刃を研ぐときは、床に腰を落としてやる。

     

    たまたま、子供用の椅子を仕事場に持ち込んで

    床に置いたダンボール箱の中身を整理していた。

     

    ふと見上げると、

    それは 立っている時とも、座っている時とも、しゃがんでいる時とも

    違った世界が立ち上がっていた。

     

    わずか床から30センチ上がっただけなのに

    それは別世界のような感覚だった。

     

    *

     

    世の中もそうではないか?

    少し視点が変われば、解決できる問題があるんじゃないか?

     

     

     

     

    ------------------------------

    please click

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

     

     

     

     

     

     

    -----------------------

     

    2017.05.25 Thursday

    新しい思想を

    0

       

       

      世界は混乱している。

      トランプ政権が生まれたり、フランスで極右勢力が躍進したり

      ごり押しの安倍政権にマスメディアが沈黙したり、中東の火薬庫が燻ったり

      どの国も戦闘準備に入ろうとしている感じだ。

       

      第二次世界大戦の前後から「資本主義」と「社会主義」のつばぜり合いが

      起きていたが、どの国も自国の民を治めるため「本音と建前」を使い分けて来た。

       

       

      子供は、正しいことを察知する。

      正確には、大人の「良心」が子供に正しいことを学ばせよう願う気持ちが、それを生む。

       

      あかんぼの眼に濁りはない。

       

       

      政治的「保守」を考えると、伝統の重きを置き 秩序を守る勢力を差すと言える。

      鎮守の森に頭を垂れることも忘れない。

       

      私は、「環境派」なので「保守」かも知れない。経済を優先して海や森を切り開いたり

      するのは嫌だ。また国土をいっぺんに失う可能性のある原子力にも賛成しない。

       

      ある学者は、「保守」と「環境派」は親和性があるという説を唱えたが「なるほど」と頷いた。

       

      ただ、原子力や経済優先の政治には抵抗感があるので、自民党支持にはならない。

      となると一概に「保守」とは呼べない。

       

       

      先進国の民は、栄養状態も良く衛生面も進み医療も発達して長生きになった。

      人口の比率に占める高齢者の割合が高い。

      若者の未来を先食いしている感がする。

       

      発展途上の国は、政治が安定せず政情不安で治安が悪い傾向になっている。

      富が偏り国民の多くが飢え、安定しないので農業にも力をそそげない。

      子供たちは痩せている。

       

       

      すぐにでも 新しい「思想」が必要だ。

      特に世界の若者が希望が持てる「思想」が。

       

      「右」でも「左」でもなく

      人が「希望」を持って生きられる「思想」が。

       

      もうすでにそれが萌芽しているだろう。

      私はそう信じる。

       

       

       

      -------------------------------------------------

      please click

      ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

      ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

      「栃の耳付き材のテレキャス」販売


      にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

       

       

       

       

       

       

      -----------------------

       

      2017.04.21 Friday

      山山山

      0

         

        「般若は般若にあらず、ゆえに般若である」とは、なんじゃらほい。

        別段「般若」のところがなんだっていい。

         

        「山は山にあらず、ゆえに山である」

        「海は海にあらず、ゆえに海である」

         

        「業(ごう)は業にならず、ゆえに業である」

        転じて「業の業だるゆえんは、業でないからである」となり、

        さらに「業がそのまま非業である」となるという。

         

        むずかしいが、すごいことだと感じます。

        理解できていないが、スゴイ!

         

        鈴木 大拙は

        「業を業だとまともにみればよいのです。すなわち業といっているものは、

        その実、業でもなんでもないのだということになればよいのです」

        と書いています。

         

        「業」を「原罪」にすればキリスト教の問題も解決してくれます。

        これで日曜学校に通って来ただけの”半”キリスト教信者は

        長年の課題を解決できたように感じ安堵しました。

         

         

        これを「霊性的直感」というのだそうです。

         

         

         

         

        --------------------------------------------

        please click

        ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

        ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

        Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中

        SINOMAN シノマン のクラシックギター受注販売

        「栃の耳付き材のテレキャス」販売


        にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

         

        ------------------------

         

        2017.04.15 Saturday

        桜の下

        0

           

          詩人の大岡信氏が亡くなって、妻の深瀬サキさんが「桜好きだったので桜の季節で彼らしい」と

          いった内容のコメントをされていましたが、

          西行の『願はくは花の下にて春死なむ その如月の望月のころ』の影響は、

          詩人でなくとも大きいでしょう。

           

          しかしながら私は、「桜」と「死」のイメージが結び付かないのです。

          まだ、それを感じる領域に達していないのです。

           

           鈴木 大拙(すずきたいせつ)の本の中で紹介されていた道歌に

          『年毎に咲くや吉野の山桜 木を割りて見よ花の在り処は』 と

          『来るかくるかと浜へ出てみれば浜は松風音ばかり』 があって、

          「無心」の心の歌として取り上げてありました。

           

          このような歌も私には、解らないのです。

          「無心」の境地が遠い証左です。

           

          歌を解るとは、作者と同じ領域に達しないと本当には理解できないのです。

          私にそんな日が来るのかなぁ?

           

          まだ生きて、桜の下で死をイメージできるようになりたい。

           

           

          ---------------------------------------

          please click

          ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

          ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

          Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中

          SINOMAN シノマン のクラシックギター受注販売

          「栃の耳付き材のテレキャス」販売


          にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

           

          ------------------------

           

          2017.03.24 Friday

          春の雲

          0

             

             

            スイセンが春を運び

            ウメが陽を誘い

            カメムシが動き出す。

             

            山から吹き降ろす風は

            まだ冷たいが

            着火剤を含んでいる。

             

            大気が流動し

            雲という個体が

            自由意志を持ちははじめた。

             

            私も目を覚まそう。

             

             

            ------------------------------------

            please click

            ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

            ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

            Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中

            SINOMAN シノマン のクラシックギター受注販売

            「栃の耳付き材のテレキャス」販売


            にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

             

            ------------------------

            2017.02.10 Friday

            突起物

            0

               

               

              冬型の気圧配置だそうで、日本列島に雪が舞います。

               

              我が家は、笠置山の山麓にあるので眺望がいいのですが、

              恵那市街の盆地の向こう見える山々が今朝は雲にまみれています。

               

              恵那山はじめ高い山はすべて雲の中。

              大気が山の壁に当たり、そこに雲が発生するメカニズムがあります。

               

              大気は水蒸気を含んで、気圧の低い方から高い方へ流れ、

              地上の突起物にぶち当たれば、そこで流れが変わり

              『雲』という形が現れる。

               

              不可視な大気が可視できる状態になった瞬間がそこにあり、

              雲から白い結晶が地表に舞い降りて

              銀世界をつくりました。

               

               

               

              ----------------------------------

              please click

              ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

              ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

              Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中

              SINOMAN シノマン のクラシックギター受注販売

              「栃の耳付き材のテレキャス」販売


              にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

               

               

               

              2017.01.28 Saturday

              冬の食料

              0

                 

                庭の隅に小さな実がたわわになる柿の木がある。

                その昔はこの柿に焼酎をぶっかけて渋抜きしてパクついたそうだが、

                ウチでは人気なくそのまま取らずにほってある。

                 

                1月に入り周りに実のなる樹木がなくなると

                小鳥たちが集まって、柿をつつきに来る。

                 

                今年は、その数が多かった。

                 

                ブッシュに隠れていた渡り鳥の小型の種類が、いっせいに柿の木に留まる。

                その次ぎに中型の小鳥がやって来て、小型をおっぱらい、

                その次に大型の小鳥がやって来て、中型をおっぱらう。

                 

                その小鳥たちがいっせいに飛び立つ時に、小枝が揺れて

                柿の実が落ちる。落ちる。

                 

                椅子取りゲームの椅子の数が減って行くように、実の数が減る分

                あふれる小鳥が増える。

                 

                木の下は、柿渋のような匂いが漂い、

                肉片が飛び散ったような赤い実の絨毯ができる。

                 

                 

                --------------------------------

                please click

                ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

                Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中

                SINOMAN シノマン のクラシックギター受注販売

                「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                2016.10.19 Wednesday

                カメムシ

                0

                   

                  秋の晴天、突然「カメムシ」が大量発生しました。

                   

                  冬を越す前の「オス・メスの出会いの日」なのでは、と思っています。

                  春の晴天、突然「カメムシ」が冬眠から覚める日もありますね。

                   

                  いつも突然です。

                   

                  田舎の人間でも、彼等を嫌います。

                  悪臭を放つからです。

                   

                  たしかに臭いですが、

                  この匂いは「草のエキスの集まったもの」だと感じました。

                   

                  彼等は草の汁を吸って生きている昆虫です。

                  その延長線に身を守るための「武器」として「匂い」を作り出すのでしょう。

                   

                  ------------------------------------------------

                  please click

                  ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                  ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

                  Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中

                  SINOMAN シノマン のクラシックギター受注販売

                  「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                  にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 
                   

                   

                  2016.09.20 Tuesday

                  ファインアート

                  0

                     

                    平たい言葉で説明すると、「芥川賞」のこと。

                    それに対して「直木賞」があるでしょ。

                     

                    純文学の「芥川賞」が「ファインアート」で、

                    大衆的・商業的な文学の「直木賞」が「商業的なアート」ってことになる。

                     

                    「商業的なアート」とは「デザイン」とか「テキスタイル」とか「漫画」とか「イラスト」とか

                    がそうかな。

                     

                    ただし、「芥川賞」>「直木賞」でないのと同じように

                    「ファインアート」だからって、”すばらしい”とかにはならない。

                     

                     

                     

                    ---------------------------------------------------

                    please click

                    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                    ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

                    Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中

                    SINOMAN シノマン のクラシックギター受注販売

                    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 
                     

                     

                     

                     

                    -------------------------------------------

                    2016.09.09 Friday

                    農業

                    0

                       

                       

                      『農業』というより『農』といいたいところだが、

                      それはさておき、

                       

                      国家を論ずる人で『農業』を語る人の多くは、

                      「効率化」とか「競争力」とか「集約」とかで

                      「大農場」をいかに「経営」していくかの比重を置いている。

                       

                      そうではなくて

                      「人として平和裏に生をまっとうするために『農』が不可欠」だという

                      視点を持ったまま、国家を論ずる、人類を論じて欲しいと願っている。

                       

                      その視点を持ち実際に行動する人は、女性が多いと感じる。

                      男性は相対比で少ない。

                      (国家・人類など大上段に構えるのは、男性目線か・・・

                       子供・友人を思う気持ちがそうさせるところが、強い)

                       

                      そこから結論づけると

                      国家・人類・地球の運命を左右するのは、そういう女性達だと

                      確信している。

                       

                      具体的にその結果が現れてくるのは、まだ少し時間がかかるが

                      そういう時代がきっと来る。

                       

                       

                      -------------------------------------------

                      please click

                      ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                      ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

                      Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中

                      SINOMAN シノマン のクラシックギター受注販売

                      「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                      にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 
                       

                      Calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM