2019.06.28 Friday

独立

0

    はじめて『独立』したのは、34歳のときだった。

     

    恵那に移住して働きだした木工屋の社長がアル中でとんでもない経営をしていたので、

    この社長が木工会社をやれるぐらいならば、もろもろ差し引きしても自分の方が”まとも”と言えるだろう。

    だから自分でもやれるんじゃないか?と、その社長を”半面教師”として『木工』で独立した。

     

    しかし、資本もなしに独立したので2年間は本当に喰えなかった。

    製材所の切り落としの材木をトラック一ぱい格安で買って、使えるところより分けつつ

    つてでもらった仕事で利益の出ない価格の家具を一点一点作っていった。

     

    木工機械もそろっていなかったので、仕事でお金が入るとひとつ機械を買うという状態が数年続いた。

    そのうち近くの職人さんが自分の工場を使ってもいいぞ、と言葉をかけてくださったので

    そこの大型2層の木工機械を使わせてもらい仕事を続けた。

     

    材木は生木の状態で買うとそんなに高くないが、乾燥するまで数年待たなくてはならない。

    仕事ではすぐつかえる材木が必要だった。乾燥材を扱う業者との出会いで仕事は回るようになったが、

    乾燥済みの割高材では利益はわずかだった。

     

    自転車操業で11年『木工家具工房』を運営したが、最後となった『新作家具展示会』が不振で

    自転車が倒れて前に進めなくなってしまった。

     

    仕方ないので一旦避難するかと思っていたときに、近隣のギターメーカーが従業員の募集を

    していると聞いたのでダメ元で応募したら採用されたので驚いた。

    45歳で採るとは思わなかったが、かつてギター業界にいたのが幸いしたのだろう。

     

    そのときはまだ工芸のグループ展やバックオーダーを抱えていたので2年間は会社勤めと

    自宅の工房での製作で日々おおわらわだった。

     

    大きな会社勤めははじめてだったので、働くにあたって目標を立てた。

    「3年で大きなプロジェクトを実現しよう」と。

    個人経営の工房では、プランがあっても資金がなくてできないことがたくさんあった。

    なので、勤めではそれを実現してみたいと思ったのだ。メーカーだからこそできることもある。

     

    3年間でいくつかのプランを提出したが、「面白い」とは言われてもそれを実際に任せてもらえる

    ことはなかった。ならば自力でそれを実現するか、と再び『独立』モードに入った。

    そのタイミングでかつて働いていたギターリペア工房の親父さんが引退された。

    そこの工房へ入門するときの条件は「俺が引退するまでは中部圏で独立しないこと」。

     

    これでギター修理工房として『独立』が可能になった。

    リーマンショック後は木工家具や工芸を扱うギャラリーや購買層がぐっと減っていた。

    迷うことなく独立には『ギター修理工房』を選んだ。

     

    と言ってもこんな田舎で修理屋を営んでいけるだろうか?

    どうすればやっていけるか経営の柱を練ってみた。

     

    ひとつはメーカーで実現できなかったプランを自力で開発すること。

    もう一つは『乾燥』技術を確立すること。

    この二つの完成が田舎で『ギター修理工房』を開く自分なりの条件となった。

     

    会社をすぐに辞めることなく2年間勤めながら試作と実験を繰り返し、

    それらのプランの目途がたったところで2回目の『独立』と相成った。

     

    これでめでたしめでたしとはならない。

    また苦しい自転車操業が始まったのだ。

    だけどしょうがない。そういうことを選ぶ性格なんだよね。

     

    教訓 「資本のない物は独立しない方がいい。それでもやるものは馬鹿者だ」

    ・・・「馬鹿は死ななきゃ治らない」

     

    ---------------------------------------

    Please click

     

    お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

    9notes ホームページ

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

     

    NINJA TOOLS

    NINJA TOOLS

    NINJA TOOLS

    NINJA TOOLS

    *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分

     

     

     

     

    2019.06.06 Thursday

    カブトムシのいる樹

    0

      私はカブトムシを捕まえるのがヘタだ。クワガタもヘタだ。

       

      田舎に移住して来てずいぶんになるのに未だにうまくならない。

      うまくなるとは、カブトムシやクワガタがいる樹を見つけられる知恵がついたことを言う。

      つまり、私にはそれを身につけることができなかったのだ。

       

      子供たちが小さいころは、なんとかしてカブトムシやクワガタを捕らせてやりたいと

      あっちこっちの林や森を探したが、叶わなかった。

      せいぜい水銀灯の下で捕獲したり、あっちから部屋に飛び込んで来たのを捕まえたくらいだった。

       

      そうだ、唯一発見した樹があったっけ。

      それは畑の入り口にあったクヌギの若い樹で、落ち葉色の蝶々が飛んでいたのを覚えている。

      微かに樹液の発酵した匂いが辺りに漂い、幹にカミキリムシが開けた丸い穴があった。

      樹皮がところどころ剥けていて、そこにクワガタが潜んでいた。

       

      カミキリムシが先頭になって”どんぐりの樹”(コナラ・クヌギ・クリ・カシ)に穴を開けて

      そこに様々な小昆虫が樹液を求めて穴を拡張して、樹液が多く出てくると

      カナブンやカブトムシ・クワガタがやって来ると思われる。

       

      日当たりのいいところに生える樹の方が成長の勢いがいいので、案外道脇の樹に昆虫がいる

      のだと思う。森深く入ると薄暗いので樹液の出る樹にはお目に掛かれない。

      つまり、人が生活する近くにいるのだ。里山がそうだね。カブトムシはシイタケの原木を

      放置して廃木なったところに卵を産み付ける。

       

      大型のクワガタは越冬するらしい。洞に隠れているのかな?

       

       

      その唯一の樹は、土地の持ち主が薪用に切られてしまった。

      その後、それに匹敵する樹にはお目にかかっていない。知恵がついていないのだ。

       

      久々にその道を通りかかった。

      切り株から新しい幹が伸びて樹影ができるほど育っていた。

      そのほとりに腰かけて見上げた枝の隙間を、落ち葉色の蝶々が舞っていた。

      たしかに甘い匂いがする。

       

      ということは・・・・

       

       

      ------------------------------------------

       

      Please click

       

      お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

      9notes ホームページ

      ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

      homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

       

      NINJA TOOLS

      NINJA TOOLS

      NINJA TOOLS

      *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分

       

       

       

       

       

       

      2019.01.30 Wednesday

      朝焼け

      0

        特別に早起きではないのだが、7時に子供を駅まで送って行く関係で

        6時前には起きて、6時10分前後に新聞を取りに家を出ている。

         

        山麓のこの付近では、新聞は各家のポストには配達してくれなくて、

        家から歩いて5〜6分のゴミを集配してくれるちょっとしてスペースに置かれた

        おおきなポストに各新聞社の新聞をドサッっと置いておいて行くので、

        毎朝そこまで取りに行くのだ。

         

        如月の声を聞くようになるこの時期になると、夜明けが少し早くなる。

        (一方、冷えはピークを迎え一番寒い季節である)

        我が家は笠置山の南斜面に位置するので、見渡せるのは東から南の空で

        遠くに恵那山に連なる上矢作の山々が見渡せる。

         

        その山並みのかたどるように朝焼けが、刷毛で赤系の水彩絵の具を引いたように

        輝いているのを観た。

         

        冬の朝は寒いうえ眠いので少々つらいのだが、このような感動を味わえるのは

        悪くない。実はこの感動には連なりがある。小学生の頃、自分の犬を飼っていたので

        毎朝犬の散歩をしていたときに、この感動の下敷きができていたのだ。

         

        通学前の、出勤前の、慌しい朝のひとときに「凛とした」気分をチャージ。

         

        ----------------------------------------------

        Please click

         

        お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

        ギター工房9notes/勝田進

        ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

        ブログ「よごれた顔でこんにちは。」 

         

        NINJA TOOLS

        NINJA TOOLS

         

         

        *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        2018.12.28 Friday

        一年を振り返って(2018年)

        0

          2018年が暮れようとしています。

          「フィクションとノンフィションの間で生まれたブログ」と称して続けていますが、

          文章を書く動機付けが難しい一年でした。

           

          いわゆるマンネリズムですかね。何年もやっていると書くことがなくなってくるのです。

          また、このブログは人気がないゆえモチベーションの低下も書くのを苦しめる原因になっています。

           

          そこで、アクセス率をアップするため一度は『JUGEM』から『FC2』とか『アメブロ』に

          引っ越そうかと思いましたが、結局面白くないブログではどこのサービスでも、

          アクセス数改善にならないと解ったので、今年は途中から週2本くらいはブログをアップ

          する方法に変えました。

           

          若干アクセス数は増えましたが、思ったほどではないです。

          週2本すると自分の首をさらに絞めるかな?と想像していたのですが、

          結果は却って気持ちが楽になっています。

           

          週一だと「あまり変なものは書けない」と肩に力が入ってしまっていましたが、

          週二だと「どうせ面白くないんだから、思いつきで何でも書いてやれ」と開き直りできたのです。

           

          また「どうせ読まれないんだから思考実験でもしてやろう」とね。

           

          さぁて来年(2019年)はどんな文章が書けるかな?

          お楽しみに。

           

          (こんなブログでも読んでくださる皆様、ありがとうございます。お付き合いに感謝しています!)

           

          --------------------------------------

          Please click

           

          お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

          ギター工房9notes/勝田進

          ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

          ブログ「よごれた顔でこんにちは。」 

           

           

           

           

           

           

           

          2018.12.17 Monday

          フナフセヤマ

          0

            名古屋から瀬戸へ県道を抜けて東海環状自動車道に入る。

            瀬戸赤津インターチェンジから土岐方面へ走るとき、左手に名古屋市街が一望できる。

            長いトンネルを抜けると岐阜県側に入るが、今度は右手に恵那山が見えるようになる。

            意識すると特徴のある山が見える。私の暮らす「笠置山(かさぎやま)」だ。

             

            「笠置山」を恵那駅方面からだと船が上下逆にして伏せているように見える。

            なので昔は「ふなふせやま」と言ったらしい。

            (山は見る方向から形が違って見える。スケールが大きいゆえ前にある山などが後ろにそびえる

            山に吸収されて見えるからで、全体の輪郭がその山の形に見える)

             

            「笠置山」の場合、恵那駅方面からは前方にある2つの峰がミックスされて見える。

            土岐方面から見ると前の峰が結構前側に突き出ているのがわかる。

            それでも山頂は二等辺三角形が乗かったような形で恵那駅から見たときのような特徴が残る。

            (それが船底のようにも見える)

             

            この地方は中仙道が通っているが、江戸方面から恵那山を越えて中津川に入ると

            御嶽山が目に入るだろう。この山は別格で神々しい。カミの住む山にふさわしい。

            そのつぎにきっと「ふなふせやま」が目に入るだろう。

            御嶽山3067メートル、恵那山2191メートル、笠置山1128メートル

            比較するのもおこがましいくらい「ふなふせやま」は低いのだけど、

            この山は恵那山を越えて中津川/大井に入って来るとランドマークになったのだと思う。

            周りに山が連続していない単独峰だからだ。

             

            私はその山の南面の山麓に住んでいるのが、実際空が広い。

            だれかが「UFO」が見える山だと言ったけれど、住民からはそれを見たという話はまったく聞かない。

            一方、古代遺跡であるペトログラフ(岩に刻まれた文字のこと)がある山なのだから、

            昔から住居に快適な場所であったはずだ。つまり時間が刻まれた山である。

             

            私はその線上にいるのだ。

             

            --------------------------------------

            Please click

             

            お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

            ギター工房9notes/勝田進

            ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

            ブログ「よごれた顔でこんにちは。」 

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            2018.11.02 Friday

            裏出し

            0

              日本の大工道具は、自分で仕立てないと使えないようになっている。つまり、プロが使うのを

              前提にしていると言えよう。特に刃物類、カンナ・のみ・小刀・彫刻刀・けひき などに使われる

              刃物は刃先をつけないと切れない。いつでも切れるカッターの刃とは違うのだ。

              刃物は地金と鋼(はがね)でできている。全体を形作っているのは地金でそこに薄く鋼を合わせている。

              地金は鋼より柔らかいので刃物を研ぐときに容易に削れる。また鋼は硬いがもろいので地金がそれをカバー

              してるとも言える。さて鋼の精度を出さないと刃物が刃物として役に立たない。

              そこで鋼部を金盤の上に押し付けて削って平面を出すことになる。金属を金属とで磨くので熱を帯びる。

              また簡単に削れたりはしない。そこで"金剛砂”と呼ばれる細かい粒子の金属の粉を少量の水で練って

              潤滑剤としながら、ヤスリのような作用を用いて鋼を研いで行く。熱で水分が飛ぶのでだんだん乾いて来るが、

              それにしたがい鋼が鏡のように光り出す。金盤が平面ならば鋼もそれを映して平面となる。それが大事。

              刃物の裏面(それが鋼部)が鏡のようにピカピカ(つまり傷がないということ)で平面であることが、

              刃物が切れる第一条件なのである。

               

               

               

               

               

               

              ------------------------------------------

              Please click

               

              お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

              ギター工房9notes/勝田進

              ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

              ブログ「よごれた顔でこんにちは。」 

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              2018.10.25 Thursday

              お茶の花

              0

                石垣にお茶の木が生えている。

                竹やぶの中にも生えている。

                それらは、昔この周辺がお茶畑だった名残だろう。

                 

                日当たりがよくなくてもお茶の木は育ち、

                むしろ直射日光を嫌う性格とのこと、「半陰樹」と呼ぶらしい。

                 

                10月は、お茶の木に花が咲く季節。

                薄暗いところに白い花が咲いているのでビックリする。

                 

                白い花弁に黄色のおしべが可憐で

                どことなしに侘しさも感じさせる。

                 

                それが冬の入り口にはよく似合うと思う。

                いい花だ。

                 

                 

                 

                 

                 

                --------------------------------------------

                Please click

                 

                お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

                ギター工房9notes/勝田進

                ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                ブログ「よごれた顔でこんにちは。」 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                2017.01.08 Sunday

                稲本正

                0

                  家具製作工房をやっていたとき、いつも気になっていたのが

                  岐阜県高山市にある「オークビレッジ」でした。

                   

                  そこの代表の「稲本正」さんは大学で物理学を修めたという

                  インテリでかつ先を読む目も優れていた人物。

                   

                  親が所有していた高山市清見の山林に複数の若者と入植し

                  住宅や工房を作りつつ都市に販売するという形を作ったパイオニアでした。

                   

                  その若者たちを菅原文太さんや永禄輔さんが支持し、一時は時の寵児となった

                  のが稲本さんです。

                   

                  私が岐阜で「オルガン工房」の見習いでいたころ、都市部から木工好きで岐阜に

                  訪れる人の定番コースのひとつに「辻オルガン」→「オークビレッジ」というのが

                  あったので、そのころからマークしていました。

                   

                  その後、私も独立して工房を持ったときも 稲本さんの言動は、注意して見ていました。

                  弱小工房は、どうしても時代のニーズやその分析力に劣るので、彼からなにかエッセンスを

                  得ようとしていたのです。

                   

                  また稲本さんの著作は家具・木工の域をずっと超えて「自然環境」にまで至って

                  いるので”自然農”をやる私も共感できるところが大でした。

                   

                   

                  今はギター修理工房がメインなので、そっちの方にうとくなっていますが

                  ひさびさに「稲本正」さんの動向を追うと「オークビレッジ」から離れていました。

                   

                  年齢からかなぁ。

                  トレードマークだった口ひげも剃っていました。

                   

                  いずれにしても「木の文化」のコメンテーナーとしてこれからもますます活躍して欲しいです。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  ----------------------------------------------

                  please click

                  ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                  ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

                  Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中

                  SINOMAN シノマン のクラシックギター受注販売

                  「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                  にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  2016.12.30 Friday

                  一年間ありがとうございました。

                  0

                    気ままに感じたことを書かせてもらったこの『よごれた顔でこんにちは』。

                    2016年最後のブログ執筆になりました。

                     

                    最近は『政治・時事ネタ』が多くなっている感じですが、

                    本当は『日々の暮らし』を「つれづれなるまま」に記載するのが理想なんです。

                     

                    でも、その「自由な記載」も世の中が平和であってこそです。

                     

                    だれかに監視されたり、規制されたら「好きなことを気ままに書く」ことができなく

                    なります。それは70年前にこの日本でおこった事実です。

                     

                    『戦前』は「戦争の前の時期」のことですが、もし近い将来「戦争」がおこれば

                    現在が『戦前』になりうります。

                     

                    『戦前』の空気は、時の権力や軍に対して過剰に敏感になって萎縮したり

                    波風を立てないようにしたり、自主規制をするような感じだと思います。

                     

                    それが現在、この国に起こってないですか?

                     

                    マスメディアや出版社の経営陣が政府要人と会食をする。取材ならばいいが

                    近しくなって政府の宣伝部と成り下がってしまうことにならないかな。

                     

                    それを『大本営発表』と呼ばれていることは承知ですよね。

                     

                    「戦争」はイヤです。それははっきり言います。

                    この国が経済的に行き詰っても、政府がそれを選択しないように

                    個人が自由に「ダメなものはダメ」と言わないと、

                    ホントにこの国は、成り行きで「戦争」体制に入って行くので注意が必要なのです。

                     

                    来年も自由に本気で書いていきます。

                     

                    --------------------------------------------

                    please click

                    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                    ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

                    Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中

                    SINOMAN シノマン のクラシックギター受注販売

                    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

                     

                     

                    2016.03.10 Thursday

                    0

                      お手入れしてない我が家の庭だが、
                      冬には多少 樹木の剪定をする。

                      一番むつかしいのが『梅』の樹で
                      先の枝ぶりまで予測して切らないと不細工になる。
                      (もうなっている)

                      『花桃』も大きくなり過ぎて
                      洗濯物に陽が当たらなくなってきたので
                      枝を剪定。

                      『山椒』は料理のツマに一本あってもいいのだが
                      通りの邪魔をするようになったので剪定する。
                      (アゲハが卵を産みにくるのも楽しいが)

                      山椒には「棘(とげ)」がある。
                      掌の真ん中に突き刺さった。
                      うーん。

                      下草を刈ったら『野ばら』の棘が
                      軍手越しに指に 刺さった。

                      とどめは『ピラカンサ』だった。
                      一昨年根元から伐採したのに、また枝を伸ばしていたのだった。
                      手の甲にグサ!

                      棘があるのは、人間だけでない。


                      ------------------------------------------
                      Please click

                      ギター工房9notes/勝田進

                      ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                      Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中


                      にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

                       
                      Calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM