2017.05.18 Thursday

本物

0

    恵那・中津川には和菓子屋が多い。

     

    現代は「栗」菓子が有名だから そういうお店が繁盛するのだろう。

    しかし、伝統的に多かったようだ。

    苗木藩のご城下であり中山道の宿場だったからだろう。

     

    先日、中津川の本店から暖簾分けされた恵那の名店に『柚子のゼリーよせ』を買いに行った。

    キャラメルぐらいの大きさで小さな箱に20個ほど入っている。

    お値段も手頃で、とても『柚子』の味がして、甘くてさわやかな味がお気に入りだ。

    (実は母がお土産屋で見つけて、初めて食べてそのおいしさを知った。

    地元銘菓はなかなか家使いで買わないので)

     

    贈り物として数個を注文した。

    あまりたくさん作っていないようで、取り置きしてもらうように頼んで

    宅配便の手続きをした。

     

    いい和菓子屋はたいてい、数奇屋つくりがされている。

    「茶道」の関係からだろう。

    伝票をもらう間に、店内を観たり、生け花や道具を眺める。

    いいしつらいを観るのは目の保養になるんだ。

     

    窓ぎわにケヤキの一枚板の「框(かまち)板」があった。

    さすが、いい杢目の良材だ。

     

    「あれ・・・・・・・?」

    「これは本物の一枚でないな。”付き板”が張ってある偽物だぞ」

    ケヤキは小僧の頃からさんざん扱ってきた材木だから、その質感は一目で解る。

     

    ケヤキをカンナで仕上げるには、よく切れる刃物と調整されたカンナ台がいる。

    逆目が強いので、それを止める技量も必要だ。

    私は両逆(りょうざか・どちらから削っても逆目の出る板)を止めるワザで、家具屋時代は

    飯を喰って来た。だからケヤキの仕事を見ると熱が入ってしまうのだ。

     

    ”付き板”が悪い訳ではない。これだって”プリント”に比べればりっぱなものだ。

    でもなぁ・・・名店は本物にこだわって欲しいかったよ。

     

    見る人が見れば解ってしまうのだから。

    味だって、そうだろ?

    本物の味を知ってこそ、いい御菓子・いい料理が作れるんじゃないのかな?

     

     

    ----------------------------------------

     

    please click

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

     

     

     

     

     

     

    -----------------------

     

     

    2017.05.11 Thursday

    全粒粉

    0

      このビスケットを初めて食べたのは、中学生の頃だったっけ?高校生だったか、

      不確かだが、衝撃的だった。

       

      そのビスケットの名は「マクビティ・ミルクチョコレート・ビスケット」。

       

      あまりにも今まで食べていたビスケットと違った。

      英国のかほりがした。憧憬。

       

      それまで食べていたビスケットと言えば、「森永のマリービスケット」か「チョイス」「ビスコ」

      もしくは「日進のココナッツサブレ」、ローカルな「しるこサンド」ぐらいしか知らなかったから、

      この「マクビティ」の味は未体験ゾーンだった。

       

      甘いのに塩っぱい、それにガサガサしている。

      そのガサガサした食感にチョコレートがまとわりついて

      得たいのしれない感じがしたのだ。

       

      そして、旨い!!! こんなうまいもの初めてだぁ!!!

      お母さん「また買って来てください」と心の中で叫んでたよ。

       

      ここで知った初めての”食感”の素は「全粒粉(ぜんりゅうふん)」。

      小麦の表皮、胚芽、胚乳をすべて粉にしたもので、いわゆる「黒パン」。

       

      ハイジがロテッテンマイヤー女史の目を盗んでタンスに隠していた「白パン」

      とは違い、昔は庶民の食べ物の一種だった。

       

      「白パン」は小麦粉から「表皮、胚芽、胚乳」を取り除いた白い粉から作ったもので

      ちょっと”おしゃれ”なパンだったのね。

       

      さてさて、その時に知った「全粒粉」のおいしさは、20代後半に「天然酵母パン」の

      おいしさ開眼に繋がっていった。

       

      田舎では「全粒粉の天然酵母パン」は好まれない。

      ”おしゃれ”じゃない。”粗野”な感じがする。もっと都会的な雰囲気の「白パン」がいい、と

      知らず知らず田舎ではそう思ってしまっているのだ。

      (ペーターのおばあさんは、歯が悪かったのか、咀嚼に優れる「白パン」を欲した)

       

      だから、田舎でこっそり食べる「マクビティ・ミルクチョコレート・ビスケット」は

      異国情緒を感じる”田園食品”なのだ。

       

      (「田舎」を「田園」と言い換えるのは素敵なアイデアだと、我ながら感じ入っている)

       

       

      ---------------------------------------

      please click

      ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

      ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

      「栃の耳付き材のテレキャス」販売


      にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

       

      -----------------------

       

       

       

       

      2017.05.05 Friday

      祖国

      0

         

         

        サッカー中継の後たまたま付けいたテレビで「ミュシャ」の特集をやっていた。

        ふーん「ミュシャ」か、アールヌーボーのポスター画家だな、と軽く思っていたが違った。

         

        パリで成功した後、突然故郷のチェコに帰って「スラブ叙事詩」なる連作をアトリエにこもって

        描いていたそうな。

         

        村人をモデルに登場人物を描きスラブ民族の出自をテーマにした。下図には写真も使ったそうだが、

        彼の持ち味のデッサン力がモデルと構図を引き立てたことは間違いない。

        (デッサン力はポスター書きのときにもその威力を発揮したいた)

         

        「スラブ叙事詩」はどれも大作で、それを完成させるには精神力と忍耐力が求められただろう。

        ミュシャにはそれがあったのだ。彼は描き続けていたが、途中でゲシュタポに捕らえられてしまい

        最後の絵は未完のままになっていた。

         

        以上のことを番組内で”多部未華子”がナビゲーターになってレポートしていた。

         

        音楽家「スメタナ」の「わが祖国」が通奏低音のように効いていたな。

        https://www.youtube.com/watch?v=2Sp4JyDNNr8

         

         

        「マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや」寺山修司

         

        わが祖国もピンチではないか?

        放射能汚染は収まるどころでない。

        自由な意見も政府に気にくわなければ捕まえることができる法律を作ろうとしている。

        外交に力を入れる前に軍事力を増強しようとしている。

         

        祖国の実相は、国体でなく国民である。

         

         

        ------------------------------------

        please click

        ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

        ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

        「栃の耳付き材のテレキャス」販売


        にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

         

        ------------------------

        2017.04.28 Friday

        松岡正剛×水曜日のカンパネラ

        0

          Eテレで『松岡正剛×水曜日のカンパネラ(コムアイ)』の対談があった。

           

          私はコムアイが歌っている姿をたまたま『Mステ(ミュージック・ステーション)』で観たことがあったが

          そのときは面白く感じなかった。ただ彼女は「シンガー」というより「パフォーマー」だなぁと感じた。

          (私も元パフォーマーだから・・その直感より)

           

          そのコムアイをあの松岡正剛のご指名で対談すると言うこの番組、観なくては。

           

          松岡正剛は、「編集工学」という独自理論を打ち立てた思想家だが、かつて『工作舎』という出版社で

          『遊』という伝説の雑誌などを出版していた。(90年代には平凡社の『太陽』や文化出版局の『銀花』など

          ビジュアルと独創的な企画で勝負していた雑誌が数冊あった。ポーラ化粧品から『is』っていうのもあったなぁ)

           

          工作舎のベストセラーはレオ・レオーニの『平行植物』かな。レオ・レオーニは絵本『スイミー』が有名。

          松岡はそこの編集者で、そこからいい書き手が生まれて行った。

           

          http://9notes2.jugem.jp/?eid=103

          http://9notes2.jugem.jp/?eid=347

           

          この対談で印象的だったのは、松岡がコムアイの言葉の展開のスピードが速いことを

          絶賛していたこと。

           

          カットアップ的な手法で、脳のイメージと実際に口から発す言葉の時間的な差を

          縮めたことを自身の体験をもとに解説していた。言葉はイメージより遅れがちだからね。

           

          百戦錬磨の言葉のプロが若手のアーティストに刺激を受けたのだ。

           

          また、70代のお爺さんが20代の女の子と対談できるってことが、私には新鮮に映ったが、

          感性が古びなければ、いつまでもトッポイ男でいられるものだと思った。

           

          ところで『水カン』こと『水曜日のカンパネラ』だが、『カンパネラ』は宮澤賢治の『銀河鉄道の夜』から

          取ったと推測してるが、『水曜日」は何だろう?

           

          この名がユニット名とは知らなかった・・・・そうなんだ・・・

           

           

          ------------------------------------

          please click

          ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

          ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

          Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中

          SINOMAN シノマン のクラシックギター受注販売

          「栃の耳付き材のテレキャス」販売


          にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

           

          ------------------------

           

          2017.04.21 Friday

          山山山

          0

             

            「般若は般若にあらず、ゆえに般若である」とは、なんじゃらほい。

            別段「般若」のところがなんだっていい。

             

            「山は山にあらず、ゆえに山である」

            「海は海にあらず、ゆえに海である」

             

            「業(ごう)は業にならず、ゆえに業である」

            転じて「業の業だるゆえんは、業でないからである」となり、

            さらに「業がそのまま非業である」となるという。

             

            むずかしいが、すごいことだと感じます。

            理解できていないが、スゴイ!

             

            鈴木 大拙は

            「業を業だとまともにみればよいのです。すなわち業といっているものは、

            その実、業でもなんでもないのだということになればよいのです」

            と書いています。

             

            「業」を「原罪」にすればキリスト教の問題も解決してくれます。

            これで日曜学校に通って来ただけの”半”キリスト教信者は

            長年の課題を解決できたように感じ安堵しました。

             

             

            これを「霊性的直感」というのだそうです。

             

             

             

             

            --------------------------------------------

            please click

            ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

            ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

            Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中

            SINOMAN シノマン のクラシックギター受注販売

            「栃の耳付き材のテレキャス」販売


            にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

             

            ------------------------

             

            2017.04.15 Saturday

            桜の下

            0

               

              詩人の大岡信氏が亡くなって、妻の深瀬サキさんが「桜好きだったので桜の季節で彼らしい」と

              いった内容のコメントをされていましたが、

              西行の『願はくは花の下にて春死なむ その如月の望月のころ』の影響は、

              詩人でなくとも大きいでしょう。

               

              しかしながら私は、「桜」と「死」のイメージが結び付かないのです。

              まだ、それを感じる領域に達していないのです。

               

               鈴木 大拙(すずきたいせつ)の本の中で紹介されていた道歌に

              『年毎に咲くや吉野の山桜 木を割りて見よ花の在り処は』 と

              『来るかくるかと浜へ出てみれば浜は松風音ばかり』 があって、

              「無心」の心の歌として取り上げてありました。

               

              このような歌も私には、解らないのです。

              「無心」の境地が遠い証左です。

               

              歌を解るとは、作者と同じ領域に達しないと本当には理解できないのです。

              私にそんな日が来るのかなぁ?

               

              まだ生きて、桜の下で死をイメージできるようになりたい。

               

               

              ---------------------------------------

              please click

              ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

              ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

              Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中

              SINOMAN シノマン のクラシックギター受注販売

              「栃の耳付き材のテレキャス」販売


              にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

               

              ------------------------

               

              2017.04.08 Saturday

              PC

              0

                『PC』って「パソコン」のことではないんだ。

                 

                私も初めて知った言葉です。『PC』って書いて『ポリコレ』と呼ぶらしい。

                正確には『political correctness ポリティカル・コレクトネス』の略。

                 

                社会的正義とか倫理的な正しい言葉使いで差別や偏見を防ぐために使うようです。

                「差別をなくそう」という概念を指す、という。

                 

                これの考えを嫌いな人が実は多いのが、「トランプ大統領の誕生」で発覚した米国。

                日本でも石原慎太郎や百田 尚樹、橋下徹を支持する人が多いので、この国にもいることが解ります。

                その層が結果的に安倍政権を支えていますね。

                 

                「反知性主義」もこの延長線にあるのでしょう。

                 

                それはつまり「上から目線」のことなので、その嫌悪感がこの結果なのだと

                内田樹のインタビューからこう理解しました。

                 

                偉そうに「社会的正義」を啓蒙されるとイヤなんですね。

                しかし、啓蒙じゃなくて、謙虚な姿勢で汗を流している人に言われたら

                拒否じなくて「そうですよね」と受け入れられる人は、多いようです。

                 

                みんな、社会的正義や倫理的な正しさは知っているのですね。

                (こう書くとすでに「上から目線」になっている?)

                 

                でも「言われ方」で支持を変えたり投票先を変えたりしたら

                その間に世界はあらぬ方向へ行ってしまわぬか 私は心配なんですが、

                人間はヘソ曲がりだからしかたないか・・・

                 

                鬼にヘソを取られた方がまだましか・・・

                 

                 

                 

                -------------------------------------------------

                 

                please click

                ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

                Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中

                SINOMAN シノマン のクラシックギター受注販売

                「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

                 

                ------------------------

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                2017.03.30 Thursday

                文芸評論

                0

                   

                  『文芸』というジャンルは、『美術』や『音楽』とともに『芸術』を担っている。

                  ただ、一般的には『小説』を差すのかと思う。『人文』は大きな意味で『文芸』に含まれると考えることにする。

                   

                  この『文芸』を評論する人を『文芸評論家』と称するが、

                  この名称はあいまいな表現だなと常々感じている。

                   

                  少し前、吉本 隆明(よしもと たかあき)氏は『文芸評論家』と名乗っていた。いつの間にか故人は『哲学者』となっていた。最近では、柄谷行人氏が『文芸評論家』と言っていたのが、いつの間にか『哲学者』となっていたのを知った。

                   

                  出世魚ではないのだから、名称が変化していくのはおかしいよなぁ。

                  どっちもいい名称ではないか。別をつけて欲しくない。

                   

                  たしかに『文芸批評』は作家の真髄に切り込み、その人物を解体することで

                  時代や思想をあばくことが可能だ。このジャンルでしかできないことだ。

                   

                  それをさらに追求するすれば、『哲学』的思考になって行くだろう。それは私ですら理解できる。

                  なので、彼等を『哲学者』と呼ぶのだろう。まぁ、しかたないか。

                  いちゃもんつけてもしょうがないか・・・

                   

                   

                  絵画でなく 音楽でなく 空間でなく 立体でなく

                  『言葉』によって人間の可能性の領域の果てまで到達する人。

                   

                  詩人でも 小説家でも 文芸評論家でも 思想家でも 哲学者でも、なんでもいい。

                  人間の本質を『言葉』によって著して、その『言葉』を

                  市井の人々の平和と幸福に繋げて欲しい。

                   

                  それを忘れないで欲しい と願う.

                   

                   

                   

                  --------------------------------------

                  please click

                  ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                  ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

                  Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中

                  SINOMAN シノマン のクラシックギター受注販売

                  「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                  にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

                   

                  ------------------------

                   

                   

                   

                   

                   

                  2017.03.24 Friday

                  春の雲

                  0

                     

                     

                    スイセンが春を運び

                    ウメが陽を誘い

                    カメムシが動き出す。

                     

                    山から吹き降ろす風は

                    まだ冷たいが

                    着火剤を含んでいる。

                     

                    大気が流動し

                    雲という個体が

                    自由意志を持ちははじめた。

                     

                    私も目を覚まそう。

                     

                     

                    ------------------------------------

                    please click

                    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                    ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

                    Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中

                    SINOMAN シノマン のクラシックギター受注販売

                    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

                     

                    ------------------------

                    2017.03.16 Thursday

                    工芸

                    0

                       

                      先週の新聞日曜版に工芸家の須田賢司さんが取り上げられていました。

                      彼曰く「コウゲイという言葉で外国でもわかってもらえるように、海外で広めたいと思っています」

                      (須田さんは木工の人間国宝に認定されています)

                       

                       

                      甥っ子が結婚するのでそのお祝いに友人の作った”やきもの”を贈ることにしました。

                      お祝いに”やきもの”を贈ることが多いですが、その際「ウチ使い」用にも買い求めます。

                      これがうれしいんですよね。

                      何かないと「ウチ用」に買えないですから。

                       

                      日本人は世界で名だたる”やきもの”好きですが、それはちょっと昔の話かな?

                      「なんでも探偵団」では骨董好きのおじさんが結構多いのに驚かされますが、

                      一般人ではそれほどでもないかと思います。

                       

                      100円ショップの器で充分だと思っている人も多いでしょうし、また昨今の100円ショップの

                      デザインのグレードは、なかなか高いものです。

                       

                      ひとつ1000円から5000円のコーヒーカップやお茶碗は、なかなか買えないのは

                      理解できます。

                       

                      しかしながら、ひとたび「コウゲイ」の魅力、奥深さを感じたならば、この値段は

                      それほど高いと感じないものでもあります。それは”内面の豊かさ”を実感できるからです。

                       

                      ”内面の豊かさ”って何?と思われるでしょう?

                      美味しいものを食べている感じって言ったらいいかな。満足感でいっぱいでなおかつお腹も膨れる。

                      ”内面”ですからお腹は実際にいっぱいにならないですが、”こころ”がいっぱいになるのです。

                       

                      人はおいしい食事を舌で食感で香りで楽しみますが、眼でも味わっていますね。

                      その際「器」も重要な要素であることは解っていただけると思います。

                       

                      「器」が美しいと食材も調理の腕も引き立ちます。そして”お腹”と”こころ”に満足感が味わえるのです。

                      「器」をも含む「コウゲイ」はその”総体”です。

                       

                      人間の生活に「音楽」が「美術」が「建築」が「文芸」が「演劇」が花を添えるように

                      「工芸(コウゲイ)」もその一翼を担っています。

                       

                      「食べ物」が人間の生命維持に不可欠のように「芸術」は人間のこころに直接関わり

                      人間が人間たる源になっています。

                       

                      あなたの毎日の食卓に「コウゲイ」を載せて、たいらげて見ませんか。

                       

                       

                      -------------------------------------------------

                      please click

                      ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                      ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

                      Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中

                      SINOMAN シノマン のクラシックギター受注販売

                      「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                      にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

                       

                       

                      Calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM